ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新制度の交流戦 横浜が独走加速し巨人が息切れする可能性も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎年、プロ野球のペナントレースを大きく左右する「交流戦」が5月26日に開幕する。昨年は開幕から絶好調だった広島が失速して首位を陥落。そのまま苦しい戦いとなった。今年は制度が大きく変わったためさらなる波乱が予測される。データ分析から、交流戦の行方を大胆予想する。

 まずは今年始まる新しい仕組みを確認しよう。

 交流戦は昨年までは1カード4試合、1チームあたり24試合(計144試合)が組まれ、ホームとビジターで2試合ずつ行なわれた。

 今年からは1カード3試合、6球団で18試合(計108試合)と縮小。それに伴い、ホーム&ビジターを均等に組むことができなくなったため、「2年間でホームとビジターを交代する」制度に切り替えた。例えば昨年のセ・パ優勝チーム同士で見ると、ソフトバンク(SB)と巨人は、今年は東京ドームで3試合行ない、来年はヤフオクドームで3試合を行なうことになる。

 この変則日程によって、チームごとに有利、不利が生まれそうだ。

『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など野球関係の著書が多いライター・広尾晃氏の協力のもと、過去のデータから交流戦の展開を予測した。

 12球団の対戦チーム別に見た、過去10年間の交流戦の全成績をホームとビジター別に分析したところ、例えば巨人の場合、西武相手では圧倒的にホームのほうが分が良い。そして今年はそのホーム開催だから「当たり」となる。反対に日本ハム相手では、ホームのほうが得意なのに、今年はビジター開催だから「外れ」というわけだ。

 この「当たり」カードを集計したところ、最も有利なパターンとなったのが横浜だ。日本ハム以外は、すべて成績のいい球場で対戦する。ただし横浜は交流戦そのものは苦手としている。今年は良い条件のもとで勢いに乗っていけるか注目だ。逆に巡り合わせが悪いのは巨人、ロッテ、オリックスとわかった。

 セ・リーグの首位をひた走っている横浜が、追う巨人をさらに引き離して独走し、巨人が息切れする可能性が出てくる。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
手抜きするチームあるプロ野球交流戦 王者優遇制度作るべき
「巨人の選手は東京ドームの本塁打の打ち方を熟知」と専門家
巨人・杉内vsSB・新垣 義兄弟・美人姉妹妻対決に交流戦注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP