体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「愛してる」の言葉以上に、彼のキモチが伝わる9つの瞬間

150430_actions-words

愛をストレートに表現できない男性が増えています。「草食系」「植物系」なんて冠が男性のアタマに付くのもこれが原因だったりして? いえいえ「言葉よりも行動で示すのが本物の男」とはライターPaul Hudson氏の意見。今、「Elite Daily」で、じわじわ共感を呼んでいます。

shutterstock_192028496 (1)

「愛している」という言葉以上に深く、誠実に愛を伝える姿勢が男性にはあります。なぜ、男性かと言えば、僕らはたとえ彼女にだって、気恥ずかしくてなかなか気持ちを素直に口に出せないこともあるから。上っ面な愛のセリフを口にするよりも行動で示したい男性もいることを理解して欲しい。僕らはこんな方法で言葉に代わって愛を伝えているんです。

01.
あなたのためだけに
料理を作ってくれる

素敵なレストランへ連れて出してくれるのも嬉しいけれど、それ以上に愛を感じることは、手料理を振る舞ってくれることです。上手い下手は問題ではありません。たとえ何度も失敗しても、あなたのほうが上手にできることを分かっていながらも。
あなたの「美味しい」を聞きたくて、がんばって料理している姿から、あなたへの愛が見てとれるのでは?

02.
大自然の中に
連れ出してくれる

shutterstock_159475340

都市部で生活している人たちは、夜空を見上げても、なかなか星降るようなロマンチックでうっとりするような夜空には出会えませんよね。ちょっと郊外へ出てみれば、野に山に海に、大自然は誰にも平等に開かれているもの。神秘的なこの星の上で出会えた奇跡を感じる体験、自然の中に分け入って初めて気づくこともあります。
ふたりだけの時間を存分に楽しめるデートを企画してくれる彼は、この恋をより深い愛へと進めていきたい。そう願っているのかもしれません。

03.
目的を決めない
“ふたり旅”に出かける

ふたりで旅に出ることは、お互いに自分の領域を飛び出して、新しい価値観を手に入れるための貴重なイベントです。非日常を共有するなかで、普段とはまったく別の感覚や感情が押し寄せるかもしれません。理解を深めお互いを知ることを彼が望んでいるのかも。旅はそういう体験の場。
ガチガチのプランを組んで時間に負われるような旅はふたり旅には向きません。行き先さえ決まっていれば、あとは1つだけ目的をつくるくらいで十分。予期しないトラブルなんて当たりまえ。そんな経験を通して、彼があなたをどう支えてくれるのか、どう対応してくれるのか。それをよく観察してみることです。そこに将来を思い描けましたか?

04.
部屋の合鍵を
渡してくれる

shutterstock_227868007 (2)

彼があなたに合鍵を渡してくれたなら、デートのたびに「愛してるよ」と言われるよりも深い意味を感じませんか?
彼がいない間でも部屋にいて構わない、あなたに隠すようなことは何ひとつないことの証明。もうひとつ、タンスやキャビネットの引き出しをあなたと共有してくれることも愛の証。あなただって人に見せない秘密のモノが何かしら引き出しの奥にあるはず。それを共有してくれるのは、彼の心がカギを使わずしても、すでにあなたに開いている証拠です。

05.
あなたの「SOS」を
感じ取ってくれる

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。