体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これぞ大人の嗜み! 日本酒初心者が知っておきたい知識まとめ

これぞ大人の嗜み! 日本酒初心者が知っておきたい知識まとめ

日本酒 イメージ/by coniferconifer
突然ですが、みなさん日本酒は好きですか?

クールジャパン」を代表する日本文化として、海外にもアピールされている日本酒ですが、「日本酒離れ」という言葉が聞こえるように、国内における日本酒の消費量は、若い人を中心に年々減少傾向が続いています。

日本酒をほとんど飲まない、飲んだことがないという人の中には、日本酒に対して「古臭い」「悪酔いする」「飲み方がわからない」「おいしいと思わない」というマイナスイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか?

しかしながら、最近は発泡性の女性向け商品の販売や、全国の蔵元が集まる日本酒イベント、雑誌の日本酒特集などが増え、改めて日本酒が注目されています。

ということで、今回は「日本酒デビューしたい!」という日本酒初心者の方におすすめの日本酒の選び方や飲み方をご紹介。

さらに、日本酒好き管理栄養士の筆者が、日本酒の悪酔いを防ぐ方法も合わせてレクチャーします!

一体何から飲めばいいの?

写真は写真素材 足成より

まず、日本酒すなわち清酒は、原料や精米歩合によって純米酒・本醸造酒・吟醸酒の3つのタイプに分類されます。これは、市販製品のラベルやお店のメニューにも記載されています。

とはいえ、こうも種類があると、最初のうちは結局どれから飲みはじめたらいいのか迷いますよね。ということで、まったく初心者の方におすすめの「とりあえずこれを飲んでみよう」という日本酒を紹介します!

日本酒デビューにおすすめなのは、吟醸酒の生酒です。吟醸酒と純米吟醸酒がありますが、よりすっきりとして飲みやすいのはアルコールが添加されている吟醸酒になります。

後ほど詳しく解説しますが、吟醸酒は独特のフルーティーな風味と、生酒のフレッシュな味わいが楽しめるので、女性にもおすすめ。お値段は少々高めですが、居酒屋の飲み放題であるような、安価な日本酒などで感じる独特の風味や強さはほとんどありません。

吟醸酒などの高級酒のなかには、値段が上がるにつれ、大吟醸、純米大吟醸と呼ばれる日本酒もあり、中には1合およそ3000円もする高級酒も。しかし、まずは日本酒自体に慣れ、そのおいしさがわかるようになってきてから挑戦することをおすすめします……!

飲み方は、冷蔵庫で冷やした冷やがおすすめです。吟醸酒は温めすぎると繊細な風味が飛んでしまうので、熱燗には不向き。居酒屋で飲み方を聞かれた際には「もちろん冷やで」とキメ顔で言うと通っぽさが出るかもしれません。

居酒屋に来たけど何を注文すればいいのわからない。そういう方はぜひ吟醸酒の生酒を冷やで頼んでみてください!

日本酒の悪酔いを防ぐには?

写真は写真素材 足成より

いろいろと難しいイメージを抱きがちな日本酒ですが、はじめてでも口当たりがよいので、意外とスッと飲めてしまうことがあります。「あ、全然飲めちゃう!」と調子にのってグビグビ飲んでしまうと、後で痛い目に合うので注意が必要です。

悪酔いをしないために最も大切なのは、当たり前ですが「飲みすぎないこと」です。日本酒の場合、1日の適量は1合から2合と言われています。人によってはもっと少ない量で酔いが回る場合もありますので、自分の適正量を把握してから飲むようにしましょう。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy