ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あがた森魚、ボブ・ディランに捧げる新作を7月20日にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あがた森魚が昨年リリースした『浦島64』に続く連作のニューアルバム『浦島65』を7月20日にリリースする。

50年前、函館の高校2年生だったあがた森魚はラジオの深夜放送で流れたボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」に衝撃を受けたあがたはこの曲を聴いてミュージシャンになる事を決意。新アルバム『浦島65』は、あがたを音楽家に導いたボブ・ディランへの感謝を込めた1枚だ。

アルバムには、アメリカのトラディショナル・ブルース&フォークの名曲『STEALIN’』や『ALL MY TRIAL』等も収録される。いずれも「ライク・ア・ローリング・ストーン」と同時期に様々なミュージシャンがカバーしており、あの時代へのリスペクトを込めて日本語でカバーする。発売日も「ライク・ア・ローリング・ストーン(1965年7月20日/米・シングル発売)」と同じ7月20日とした。

新アルバムのレコーディング真っ最中のスタジオであがた森魚は『それまでのドリーミーだったポップスの世界に、「ライク・ア・ローリング・ストーン」で時代に問いかけたボブ・ディランのサウンドとスピリッツは強烈でした。あの時受けた衝撃を、このアルバムで表現出来ればと』と想いを語る。しかしレコーディングは想像以上に難産で、あがた自身ディランをテーマに歌う厳しさや難しさに葛藤しているという。アルバム完成を前に『50年間ありがとう!という思いを込めたディランへのプレゼントであり、自分の中でディランに一回区切りを付ける卒業記念アルバムにしたいと思ってます!』と語ってくれた。

『浦島65』は浦島太郎(=あがた森魚)が亀(=ディラン)に出会い竜宮城(=音楽の世界)へ行った50年を自身の音楽遍歴になぞらえた渾身の意欲作。ジャケットは1995年に横尾忠則が描いた『鎮魂の海』が使われ、前作に引き続きアートワーク・ディレクションも横尾忠則が担当する。

1965年への思いを込め『あの50年前に出会えたエポックを、50年後の今の世代に体感して欲しい!』と語る、あがた森魚サイケデリックが炸裂するアルバム『浦島65』は7月20日リリース。7月6日から名古屋・大阪・東京にて「浦島 64 ⇄ 65 Summer of Love」ツアーも開催予定だ。

アルバム『浦島65』
2015年7月20日発売
【CD】
QPHZ013/¥3,000+税
【LP】
QPHZ012/¥4,200+税

『あがた森魚 浦島 64 ⇄ 65 Summer of Love/クアトロ・ツアー』
7月06日(月) 名古屋クラブ・クアトロ
7月07日(火) 梅田クラブ・クアトロ
7月13日(月) 渋谷クラブ・クアトロ

<出演メンバー>
あがた森魚(Vo,AGt)/窪田晴男(G)/武川雅寛(Vn)/ 駒沢裕城(Pedal Steel G)/大田譲(Bs)/イトケン(Ds)
<チケット価格>
前売 ¥4,500+1drink

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
あがた森魚 オフィシャルHP
HARCO、5年振りのオリジナル・フルアルバムをリリース&6月に企画アルバムを発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP