ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

便秘や下痢で悩んでいる人は、『腸活』でスッキリ解消!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 「3日出ないのは当たり前。下剤が手放せない」という便秘症や「通勤時に下痢になるのが不安で、各駅停車にしか乗れない」という下痢気味の症状など「お通じの悩み」で困っている人は少なくないはず。こういう悩みって、なかなか人に相談するのも難しいですよね。

 じつは、ほとんどの日本人は「腸が汚れている」と言われています。
 まず、あなたの腸内環境を確認してみましょう。

□朝食をとらない
□疲れやすく、体調を壊しやすい
□ストレスを感じやすい
□肌荒れに悩んでいる
□野菜をあまり食べない&肉をよく食べる
□運動不足である

 ひとつでも当てはまった人は、腸内環境が乱れているかもしれません。さらに怖いのは、腸内環境の乱れが便秘や下痢では済まず、がんや認知症、うつ病、肥満まで招きかねないということ。つまり、腸内環境を整えることは健康への近道なのです。

 タレントの松本明子さんもものごころついてからずっと便秘で苦しんでいた一人。便秘歴はなんと40年以上だったといいます。そんな“超最強便秘”持ちの松本さんが、日本で初めて“便秘外来”を開設した「腸のスペシャリスト」である順天堂大学医学部教授の小林弘幸先生のもとで“腸活”(腸をキレイにすること)を行ったところ、長年の便秘がたった3週間で解消されたというのです!
 さらには便秘が治ったと同時に、肌荒れや不眠症、更年期障害、冷え性、花粉症までもが改善されたといいます。
 松本さんの著書『腸をキレイにしたらたった3週間で体の不調がみるみる改善されて40年来の便秘にサヨナラできました!』(松本明子著・小林弘幸監修/アスコム刊)では、その“腸活”をわかりやすく解説しています。例えば、朝を起きたら水を一気飲みするなどの腸にいい生活習慣や腸がよろこぶ食生活のポイント、腸を刺激する簡単なストレッチなど、どれも今日から始められる簡単なものばかりです。
 しかし、簡単だからといって、全部やろうとすることは間違い!“腸活”の大切なポイントは「がんばらない」ことだと言います。腸はとってもストレスに弱いため、「やらなきゃいけない」と思い詰めるのは良くないのです。
 松本さんもがんばらずに、出来ることを出来るときにやった結果、4年間腸活を続けることができ、ますます“快腸”で心も体も健康になっているといいます。
 無理せず続けられることばかりなら、スッキリ快腸を手に入れるために“腸活”をはじめてみたいですよね。

<イベント情報>
●松本明子さん5/28(木)出版記念トーク&サイン会開催!
詳しくはコチラ
http://www.horindo.co.jp/2015/04/2912/

(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
毎日の入浴だけではダメ!「清潔感がない人」の特徴
仕事ができない人ほど信じる3つの「きれいごと」
人事のプロが語る「リストラしやすい人の特徴」

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP