ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

苦手なオレンジリップは、グラデ塗りで爽やかに仕上がる

DATE:
  • ガジェット通信を≫


赤リップもいまさら感があるし、サンセットを思わせる高発色オレンジリップで夏らしいメイクをしたい!
でも、オレンジリップってなんか苦手って人が多いのでは?
私は唇がぶ厚いので、パキッと高発色なオンレジリップを塗ると、なんだか強そうな、むさくるしい印象になっちゃうんです。
そんな慣れない高発色オレンジリップ、手持ちアイテムと合わせてグラデーションリップにしてみたところ、ジュワッとジューシーなのに、暑苦しい顔にならないリップメイクができました
グラデーションリップとは、唇の内側が濃く、外側に向けて色が薄くなっていくリップメイクのこと。
別名「血にじみリップ」と呼ばれるため、赤系リップやティントを使うのが主流ですが、今回夏らしく、高発色オレンジを使ったグラデーションリップを紹介します。

オレンジリップのグラデ塗り

・コンシーラーで唇の色を消す

唇用コンシーラーでなくても、リキッドファンデや目元用コンシーラーで代用OK。
唇が荒れやすい場合、コンシーラー前にワセリンを塗って唇をガードしておくと荒れにくくなります。
・薄づきリップを全体塗り

私は薄いピンクベージュ系のリキッドルージュを使いましたが、色つきリップクリームでも薄づきのグロスでもOK
・内側だけに高発色オレンジをON

唇の内側がジュワッと発色したように濃く、外側(輪郭)にむかって薄くなっていくのがグラデーションリップなので、唇の内側部分だけに高発色オレンジの口紅を直塗りします。
リキッドルージュのような緩いテクスチャーのものだと全体に広がってしまい、グラデーションにならないので×。硬い口紅やクレヨンリップがオススメです。

手持ちのピンクベージュ系リップに、ちょこっとオレンジをプラスするだけでも顔がパッと明るく、元気な印象になるので私はとても気に入っています。
高発色オレンジリップはクリームチークにもなるので、夏に向けて1本あると便利ですよ。
blonde-female image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
あえて自分の肌より白いファンデーションを使うと、簡単に小顔になれる!
ドットにヒョウ柄!? 「リップタトゥー」で魅惑のクチビル作っちゃお♡
アイプチなしで、一重の目を自分史上最高に大きく見せる方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。