ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Xファクター』敗者が“歌声いじられた”として番組制作側を告訴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気オーディション番組『Xファクター』に出場した女性サリー・ヘスニス(Sally Hessnice)が5月22日、同番組を制作するFremantle、Syco、Blue Orbit各社を相手取り、ロサンゼルス上位裁判所に訴訟を起こした。ハリウッド・リポーターが伝えている。

 2013年5月に観客の前でパフォーマンスし、オーディションを受けた彼女。申し立てによると、番組のプロデューサーたちが彼女の歌を下手に聞こえさせるよう、収録した音に小細工をしたというのだ。この模様はアメリカで同年9月にオンエアされているが、英米で放映したテレビ局(ITVとFox)に対しては訴えを起こしていない。

 訴状には「オーディションが次のように改ざんされていた」としている。

 a)原告の声(音程、リバーブ、声の滑らかさなど)が、かん高い声で素人っぽく聞こえるようにいじられた。
 b)観客のポジティブなリアクションが、無関心そうな観客の映像に差し替えられた。
 c)原告に向けた審査員たちのコメントやリアクションが、ネガティブな反応に見せるために(原告のいないところで)撮り直された。

 さらには、「加えて、ステージ監督が原告にステージ全体を歩くよう促した。原告はオーディションの最中、ステージ床のいたる所が柔らかくなっていることに気付いた。これは、被告側が彼女のパフォーマンスを妨害するために意図的に行ったもので、オーディションの結果は予め仕組まれていた」と続く。

 果たして告訴する程のものなのか気になるところだが、審査員のサイモン・コーウェルが彼女の気持ちを傷つけただけではないようだ。彼女はプロの歌手だといい、“プロとしての評判が取り返しのつかないほど傷つけられた”と主張。また、“知性・技能・可能性を競う誠意あるコンテストにおいて、その結果を事前に決めるために策略を図ること”を禁じた連邦法に反するとも述べている。

 彼女は精神的苦痛・名誉毀損・誤認を抱かせたプライバシー侵害を意図的に課したとして、200万ドル(約2億4,000万円)の損害賠償、制作者側との契約の無効、被告に対する自身のオーディション映像の使用禁止命令を求めている。

関連記事リンク(外部サイト)

ゼッド 即完となったプレミアム・ライブの東京公演へ1名様をご招待
【オズフェス2015】ブラック・レーベル・ソサイアティら第3弾出演者発表
マドンナが“レベル・ハート・ツアー”最初の5公演を延期

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。