体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PABLOからクリームソーダをイメージしたタルト&フルーテ登場!懐かしく爽やかになれる初夏のスイーツ

チーズタルト専門店PABLOは、6月1日よりクリームソーダのミニチーズタルト&PABLOフルーテを発売する。グリーン色の見た目がとても印象的なタルトとクリームソーダだ。

ミニチーズタルト クリームソーダ(806円・税抜)は、チーズプリンに、爽やかな味わいのメロンソーダ ゼリーとバニラアイス・真っ赤なチェリーをのせたクリームソーダのようなミニチーズタルト。
なめらかでコクのあるチーズプリンに爽やかさがプラスされている。
仕上げにはパチパチと弾けるキャンディーを振ってあり、炭酸のイメージを演出している。
見た目の鮮やかさとは違い、子供のころに戻ったような懐かしいテイストだ。

PABLOフルーテ クリームソーダ フルーテ(556円・税抜)は、メロンソーダゼリーとスムージーが2層になっている上から、チーズを混ぜた生クリームと真っ赤なチェリーをトッピングした。爽やかで懐かしいフルーテだ。

クリームソーダのミニチーズタルト&PABLOフルーテは店舗限定で、道頓堀店・姫路店にて発売する。
初夏のキラキラと輝くイメージのスイーツを飲んで、懐かしさと楽しさを味わおう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。