ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒット作の数々で名演遺したトランペット奏者(78)が他界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レイ・チャールズをはじめ、モータウンからアレサ・フランクリン、ジョー・コッカーといった数多くのアーティスト達との共演や、若い世代のジャズ・ミュージシャンの育成に貢献してきたジャズの名トランペット奏者、マーカス・ベルグレイヴが、5月21日に亡くなっていたことが明らかになった。78歳だった。

 ここ数年、心臓と肺を患っており、公の場での最後のステージとなってしまった4月17日以降、入退院を繰り返していたというベルグレイヴ。アナーバーにある保養所にて心不全のため亡くなったそうだ。

 また、妻であり彼のシンガーだったジョアン・ベルグレイヴによると、眠るように安らかに息を引き取ったとのこと。つい先日にも、自分の楽器を吹いたり、歌ったり、J・K・シモンズがジャズ・ドラムのスパルタ講師を演じた映画『セッション(Whiplash)』を観たばかりだったという。

 生前、デトロイトをはじめとする世界のジャズ・シーンで活躍したベルグレイヴ。レイ・チャールズとは5年間一緒に活動したほか、1963年にデトロイトに移ってからは様々なアーティストと演奏しており、マッコイ・タイナー、ウィントン・マルサリス、ジョー・ヘンダーソン、B.B.キングなどのアルバムに参加。「マイ・ガール」や「ダンシング・イン・ザ・ストリート」などのモータウン・ヒットでも彼のパフォーマンスを聴くことができる。

関連記事リンク(外部サイト)

ゼッド 即完となったプレミアム・ライブの東京公演へ1名様をご招待
【オズフェス2015】ブラック・レーベル・ソサイアティら第3弾出演者発表
マドンナが“レベル・ハート・ツアー”最初の5公演を延期

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。