ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初心者も気楽に訪問! DIY専門店「tukuriba」がオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家具や小物などを手作りする「DIY(Do It Yourself)」。少し前までは日曜大工と呼ばれ、お父さんの趣味として親しまれてきたが、最近は若い女性も積極的に楽しむ姿がテレビや雑誌で特集されることも増えている。

DIYビギナー向けの専門店「tukuriba」が今年3月にニューオープン!

とはいえ、「興味はあるけど、何から始めていいか分からない……」という人も多いかもしれない。そんなDIY初心者の女性向けに、この春気軽にDIYを満喫できるスポット「tukuriba(ツクリバ)」が二子玉川にオープンした。

玉川高島屋S・Cガーデンアイランドの1階にある同ショップは、開放感抜群のテラスをはじめとするDIYを思う存分楽しめるワークスペースと、DIY関連のアイテムを多数そろえるショップを併設している。さっそく、店内ある全3種類のワークスペースを見学してみよう!

こちらは細かい手作業で小物を作れるスペース「atelier」は、壁紙もオシャレでガーリーな雰囲気

天気の良い日は外のテラス「garden」で塗装や電気ノコギリをつかったDIYに挑戦もできる

取材当日には、店名を冠したワークスペース「tukuriba」で、スツール作りのワークショップが行われていた

こちらの3種類のワークスペースは、1席1時間=1,080円(延長30分毎に料金540円)で利用が可能。お気に入りの材料は併設ショップで購入。もしくは持ち込みもできる。のこぎりや金づち、ドリルなどの工具は貸し出してくれるため、用意する手間が省けてうれしい。使い方や作り方について、アドバイスも受けられる。

さらに、こだわりのショップスペースでは、女性目線で選んだかわいいアイテムや使いやすいを工具や木材セレクトして販売している。

世界各国から厳選したという壁紙は1メートル単位で販売。壁紙貼りのワークショップも開催されている

安全性と使い勝手の良さを兼ね備えたペンキは、色合いの美しさはもちろんミルクの成分を配合したものなど特色あるものをこだわってセレクト

工具は持ち慣れたものを長く使って欲しいという思いから、替え刃ができるオリジナルのものを販売

ドアノブなどに使用できるアンティークな金具はどれも味のあるものばかり! DIY初心者のリメイクにもピッタリだ

マネージャーの佐藤健太さんによると、「tukuriba」誕生のきっかけはDIYに対する女性ならではの悩みだったそう。

「DIYの人気の広がりにともなって、DIYにチャレンジしてみたいという女性が近年増えています。一方で、『ホームセンターにいっても種類が多すぎて選べない』、『かわいいデザインがない』という感想を持たれる方や、自宅でDIYをする時の音が気になるという方もいらっしゃいます。そんな方が気負い過ぎずに、イメージした作りたい物を気楽に作れる、そんな空間を作れないかなというのがオープンのきっかけでした」(佐藤さん)

DIY経験が豊富な女性店員も多いので、分からないことも気兼ねなく質問しやすい

ホームセンターでは2メートル近くで販売されている木材も「tukuriba」では小さめにカット

一番人気のガラスノブは、まるでアクセサリーのようなキュートさ! ドアノブだけでなくフックなどにも応用できる

使い勝手の良いワークスペースだけでなく、とことん女性目線にこだわったキュートな材料も豊富にそろえる「tukuriba」で、小物から大物まで理想のアイテムをDIYで制作してみてはいかが?

(佐藤陽子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP