ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食の巨匠が大豆を濃厚なスイーツに仕上げた「TO-FU」発売!和の繊細さと洋のリッチ感ある新スイーツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


人気洋菓子店「アンテノール」は、和食の巨匠 菊乃井主人の村田吉弘氏監修の新スイーツ「TO-FU」を、5月20日から阪神百貨店梅田本店にて、5月28日から京王百貨店新宿店にて、7月31日(金)までの期間限定で販売する。

菊乃井主人の村田吉弘氏は、テレビでも活躍されていて、和食の無形文化遺産登録の発起人であり功労者。日本を代表する「和食」の料理人だ。今回、和の繊細さと洋のリッチ感を兼ね備えた新スイーツ「TO-FU」を開発した。

新スイーツ「TO-FU」(756円)は、大豆特有のクセがなく、まろやかでリッチなコクが特長の豆乳クリームを使用。豆乳クリームは、素材の味を引き立てながら、濃厚なコクを付与する優れた素材。
豆乳クリームの中に、しょうがのピリっとした辛味と香り豊かな柚子の酸味を閉じ込めた。

この濃厚な「豆乳クリーム」を野菜の中でもうま味の強いトマトのジュレで包んだ。トマトを一晩濾すと得られる透明なトマトエキスのジュレは、あっさりとした口当たりの中に、さわやかな酸味と甘みが広がる。
そして、素材のうま味が見事に調和した、和でもなく洋でもない新感覚のスイーツに仕上げた。

おいしく・たのしく・ヘルシーに「まめ」を食生活にプラスするライフスタイルを推進している「まめプラス推進委員会」もオススメの、「TO-FU」でヘルシーなスイーツタイムを味わってみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP