ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で最も多い社長の名前は「佐藤誠」 全国で174人存在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 週刊ポストは5月1日号と5月29日号で、東京商工リサーチが調査した日本の経営者269万人のデータをもとに日本の社長の「学歴」「出身地」などの傾向を分析した。今回はこのビッグデータを「名前」という観点から読み解く。社長になる人物の名前に法則は存在するのだろうか。まずはランキングをご覧いただきたい。

【社長姓】
1位 佐藤 3万4038人
2位 鈴木 3万2594人
3位 田中 2万5909人
4位 山本 2万773人
5位 中村 2万559人
6位 伊藤 2万428人
7位 小林 1万9677人
8位 加藤 1万6970人
9位 吉田 1万6343人
10位 高橋 1万6219人

【社長名前】
1位 誠 1万1267人
2位 博 9176人
3位 茂 9146人
4位 隆 8378人
5位 修 8055人
6位 豊 7818人
7位 進 7228人
8位 勝 6824人
9位 清 6801人
10位 徹 6685人

【※注:データは東京商工リサーチ提供。同社の2014年12月時点の企業データベース約269万社の代表者データから、社長の姓名を抽出し集計した。姓、名ともに同じ読み方でも、漢字が違う場合はランキングの順位が異なる】

 日本で最も多い社長の姓は「佐藤」で、名は「誠」。社長で最も多い姓名は2つを組み合わせた「佐藤誠」で、全国に174人存在する。姓氏研究家として知られ、『名字でわかる日本人の履歴書』(講談社刊)など多数の著書がある森岡浩氏はこの結果を「意外だった」と評する。

「『佐藤』は日本で最も多い名字だが、名前で『誠』が1位になったのは驚きです。私の調査では、佐藤姓に多い男性の名前は上位から『清』、『正』、『進』の順で、7位にようやく『誠』です」

「誠」は1957~1978年までの22年間のうち18年で命名ランキング1位に輝いており、「経営トップ世代」ともいえる40~60代に多い名前である。しかし、世代別ランクを見ると30代社長で2位、母数が少ないため今回はランクを掲載しなかったが20代社長でも9位となっている。名前が多様化した若い世代でも「社長になりやすい名前」であることがわかる。

 ランキングを概観して興味深いのは、「トップ10がすべて1文字の名前」であることだ。 全体ランクに入った2文字名は「健一」(12位)と「哲也」(19位)のみ。他には甲子園で早稲田実業の荒木大輔が活躍し、「大ちゃんフィーバー」が起きた1980年代初めに人気の名前となった「大輔」が30代社長で目立つ程度だ。

 また、3文字名は1980年前後に命名ランキング上位だった「健太郎」が30代社長でランクインするのみだった。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本の女社長調査 上位20で「子」がつかぬ名は19位明美のみ
新生児の名前で人気上位の「結愛」「大翔」 読み方が多すぎる
女性社長出身大学ランク 難関・お茶の水と津田塾が圏外の訳

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP