ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2070万円馬券演出の江田照男騎手の「買い方」を競馬記者指南

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 100円が1分半で2000万円を超える大金に──。夢のような話が現実になったGI・ヴィクトリアマイル(5月17日・東京競馬場)。JRA史上2番目となる高配当・3連単2070万5810円の立役者が、最低18番人気のミナレットを3着に入線させた江田照男騎手(43)である。

 この男、なにかと大レースで大仕事をやってのける。2000年のスプリンターズステークス(GI)では最低人気のダイタクヤマトで逃げ切りV。2012年の日経賞(GII)でも12番人気のネコパンチで大金星を挙げるなど、数多の番狂わせを演出してきた。

 競馬ファンならずとも一度はその恩恵にあずかりたい「万馬券男」エダテル。その買い方を、スポーツ紙の競馬担当記者に聞いた。

「江田騎手は大舞台ほど大胆な作戦に出ることが多い。重賞やメインレースでマークが甘くなる人気薄の逃げ馬や先行馬に乗る時はチャンス。彼の思い切りのいい先行策がはまりやすい中山競馬場のような、小回りで直線が短いコースでは特に狙い目ですね」

 馬場状態も大いに参考にすべきだと続ける。

「2001年以降の通算成績では、江田騎手は芝コースの良馬場で勝率4.5%、連対率9.6%なのに対し、重馬場では勝率5.8%、連対率13.1%。不良馬場の勝率はさらに上がって9.3%、連対率は17.5%にもなります。重馬場の時に騎乗した馬を単勝で買い続けた場合の回収率(払い戻し金額を投資金額で割った数字)も156%と非常に高い。馬場が悪い時は“買い”ですね」

 また、“勝負師”の手綱さばきは不利な状況でこそ輝きを増す。競馬専門紙のベテラン記者が語る。

「競馬ではロスが少なく経済コースを進める内枠発走が有利だが、エダテルは大外18番枠の勝率が枠順別では最も高く7%超え。また、前走トップジョッキーが騎乗していた馬に乗る場合は“鞍上弱化”とみられがちだが、エダテルはエビショウ(蛯名正義騎手)やヨシトミ(柴田善臣騎手)からの乗り代わりで結果を出すことが多い。特にノリ(横山典弘騎手)が前走で乗った馬に騎乗した時は勝率10.9%、単勝回収率は約200%。このケースに当てはまる場合は、思い切って単勝勝負だね」

 これらの条件が揃うレースが「一攫千金」の大チャンスとなるのだ。

(文中、勝率などは5月22日までの数字)

撮影■フォトチェスナット

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大の親日家・デムーロ騎手 ありがちな外国人騎手批判と無縁
高橋源一郎氏が世界各地の競馬場を訪ね歩いた経験を記した書
凱旋門2着オルフェ「騎手が池添なら勝っていた」と競馬記者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP