ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悩まないタイプの堺雅人 人から相談されることもないと語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『半沢直樹』『リーガルハイ』などで軒並み高視聴率を叩き出し続け、『Dr.倫太郎』(日本テレビ系・毎週水曜22時~)に主演中の堺雅人(41才)。今クールも“倫太郎だけは見ておく”という人も多いだろう。

 堺は「そうですか! ですがそれで芝居が変わることはなく、みんなとわいわいやるのみです」と、あくまで自然体。患者の心に寄り添う精神科医という役柄のため、「聞く」ことを軸に役作りをしていると語る。

「半沢(直樹)や『リーガルハイ』の古美門のようにセリフをぶつけるのではなく、ぶつけられる楽しさがある。現場で他のかたのセリフを聞く作業が、たまらなく楽しい。魅力的な共演者のかたがたのお芝居を前に、受け身の役を満喫しています」(堺・以下「」内同)

 じっと見つめて聞いてくれる堺に、ドラマを見ているこちらまで癒やされるのが『Dr.倫太郎』の魅力のひとつだ。

「だけどぼく自身はあまり人から相談されることがないんです。きっと頼りないと思われているんじゃないかな(笑い)。ぼくもあんまり悩まない。仕事にしても昔は“役者って何だろう”とか考えていましたが、40を過ぎたあたりから“なんでもいいんじゃないかな”と思っています。人が決めるべきものであって、自分が決める必要もないのかもしれない、ってね」

 区切りながらゆっくりと語る“倫太郎の声”は聞いているだけで悩みをほどいてくれる調べだった。

※女性セブン2015年6月4日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ノンアルコールビールを飲んだことがある人は77%
【キャラビズム】決められない人は、知らないうちに決める人
なりゆきで病院紹介の葬儀社と契約するとトラブルになることも

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP