ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

橋田壽賀子 友人と旅するがベタベタした関係は不要だと語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5月10日、第23回橋田賞の授賞式に出席した橋田壽賀子さん(90才)。スピーチでは「私に朝(ドラ)書かせていただけないですよね?」と、意欲満々だった。

 この日は橋田さんの誕生日。「卒寿」を迎えてなおますます元気な理由を、語ってくれた。

「私の元気の源は旅なんです。ずっと1人で脚本を書いていますから、旅に出るのが楽しみで仕方がないんですね。旅に行けると思うから書けるし、行ったらまた書きたくなる。それに仕事で嫌なことがあっても、旅に出ると全部忘れちゃう」

 そう言って笑う橋田さんは先日、初めて旅のエッセイ集『旅といっしょに生きてきた』(祥伝社刊)を出版。年末は100日間かけて南極旅行に船で出かける予定だ。

 20代のころから旅行が好きで、ユースホステルを泊まり歩き、1年の200日を海外で過ごしたこともある。最近はクルーズ船の旅行がお気に入りだ。

「旅はいちばん私の好奇心を満たしてくれます。何より人との出会いが大きな魅力ですね。仕事では出会えないような人たちがいる。その人たちと話していると、ものすごく新しい発見があるんです」

 数々の旅を通じて気の合う友人がたくさんできたが、日常生活でのつきあいはほとんどない。

「その時々のお互いの気分で、“また旅行行く?”とか“あの船に乗る?”とか言って、その時に会う程度です。旅好きの人にはどこか共通点があって、すごくアッサリした関係なんです」

 橋田さんは、旅先で出会った友人だけでなく、普段の交友関係でも、家庭や仕事などプライベートな話に踏み込まないのが信条だ。女性は結婚して家庭に入ると、ママ友などつきあいが義務みたいになりがち。橋田さんは適度な距離感で友人とつきあうことをすすめる。

「毎日毎日電話するとか、しょっちゅう一緒にご飯を食べに行くとか。変にプライベートに深入りして関係がこじれたら、もったいない。ベタベタする関係の友達はいりません」

※女性セブン2015年6月4日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
故・山岡久乃との「確執報道」の真相を橋田壽賀子が説明する
89才橋田壽賀子 背泳ぎで800m、クロールで200mの計1kmを泳ぐ
『渡鬼』えなりかずき結婚問題でプロデューサーと脚本家激論

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP