ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セスナ機内もカバーする低軌道衛星Wi-Fi

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Cessna 172R By BobMacInnesCC BY

各国の旅客機が、有料または無料のサービスとして取り組んでいる機内Wi-Fiの提供。上空から地上にあるセルラーの鉄塔と通信する方式では、接続が不安定でエリアも限定されるため、衛星と通信する(米gogo社など)方式が主流になりつつある。しかしこの方式は、機体の上部に頑丈な衛星用アンテナを取り付け、機内のアクセスポイントと配線するため、大掛かりな工事が必要なのが課題だ。

そんな中、NASAや米国防総省などにも製品を納入している企業ハネウェルが、もっと手軽なシステムの開発を目指している。衛星インターネットのスタートアップであるOneWeb社(旧称WorldVu)と提携して進めているこのシステム。約20億ドルの資金を集めて、2019年から2020年までには地上750マイル(約1,200km)の低軌道に684基の衛星を打ち上げて世界をカバーしようとしている。静止衛星(約35,786km)よりもずっと低い軌道のため遅延が小さく、小型機に搭載するアンテナも小型で済むのが利点だ。旅客機だけでなく、単発エンジンのセスナなど小型機も高速インターネット接続が可能になるらしい。ただし、実現は早くて4年後というから相当先だ。

OneWebがターゲットにしているのは、小型機だけというわけではない。そもそもは(かつてイリジウムが目指したように)世界を低軌道衛星で覆い、アフリカその他の世界各国に安価にインターネット接続を届けることが目的だ。創業者のGreg Wyler氏は2002年に着想を得て、O3bネットワークスという企業を創設。中軌道(8,000km)で12基の衛星を運用し、サービスを提供している。

ちなみにO3bとは、Other 3 Billionの略で、地球の人口の中でネット接続手段を持たない「残りの30億人」という意味。実績のある人物が率いるスタートアップだけに、OneWebにはクアルコムやバージン・グループも出資するなど期待が集まっている。

関連リンク

High-Speed Internet Is Coming Next to Your Single-Engine Cessna
Coming soon: Wifi on your small Cessna
Honeywell to support OneWeb’s satellite constellation for in-flight connectivity
O3b、グーグルなどから合計12億ドル調達し衛星打ち上げ資金を確保

関連記事リンク(外部サイト)

「無線LAN」「Wi-Fi」とは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。