ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初“アリ目線”で昆虫世界に迫る! 3D映画『アリのままでいたい』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像は公式Webサイトより/(C)2015「アリのままでいたい」製作委員会
アリの目線から見た昆虫たちの世界を映し出す映画『アリのままでいたい』が、7月11日(土)より2D、3Dで全国ロードショーされる。

撮影監督をつとめるのは、「科学写真のノーベル賞」といわれるレナート・ニルソン賞も受賞した昆虫写真の第一人者・栗林慧さん。また、TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズや「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズなどの劇伴を手がける菅野祐悟さんが音楽を担当する。

迫力満点の3D昆虫ドキュメンタリー

『アリのままでいたい』は、世界初の特殊カメラ「アリの目カメラ」を利用して、日本に生息する50種類以上の昆虫たちの姿をクローズアップ映像でとらえた3Dドキュメンタリー映画。

樹液をめぐるカブトムシやクワガタムシ、スズメバチの壮絶なバトルや、鋭く尖った鎌で獲物をとらえるカマキリの姿など、430日を超える撮影期間のなかで、さまざまな昆虫の知られざる生態を「ありのまま」に収録している。

主題歌を、シンガーソングライター・俳優の福山雅治さんがつとめるほか、昆虫の生態を解説するアニメーションパートの作画を、漫画家・地獄のミサワさんが手がけるなど、異色のコラボレーションにも注目だ。

全国ロードショーに先がけて、5月30日(土)には東京・東映本社にて親子限定の特別試写会が開催されるほか、「ムシの日」である6月4日(木)より前売り券が発売される。

引用元

世界初“アリ目線”で昆虫世界に迫る! 3D映画『アリのままでいたい』

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP