ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3日間で1GBの通信制限アリなのに「さよなら速度制限」!? ワイモバイルのWi-Fiルーター『305ZT』が話題に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ワイモバイルのWi-Fiルーター『305ZT』が現在話題になっている。いろいろあるWi-Fiルーターの中で、実質無制限に通信ができるとうたって販売していた『305ZT』。7GBで速度制限がかかるが、その後500円で500MBの追加ができるというもの。その追加500円が何度でも無料になるという『CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン』を行っており、「高速LTEが使い放題!」といったキャッチコピーで宣伝を行っていた。

しかし、4月中旬に突如3日間で通信量が1GBを越えた場合の通信速度制限を開始し、「詐欺だろコレは」となって炎上。『価格.com』の評価欄は、3月より前は比較的高評価だったのだが、
「史上最悪の通信端末」
「詐欺まがい」
「使えない」
「だまされました。」
と怨嗟のコメントがあふれることになった。

価格.com-ワイモバイル Pocket WiFi 305ZT [ラピスブラック]
http://kakaku.com/item/K0000693866/[リンク]

……さて、3月末に仕事の関係でWi-Fiルーターが必要になった筆者。某量販店にてWi-Fiルーターをどれにしようか迷う中、量販店がプッシュする“WiMAX 2+”の端末は”3日間で3GBの制限がかかることもある”とのことだったので”制限のない”『305ZT』を選択。先述の「『CA対応Pocket WiFi使い放題キャンペーン』は3月31日まで、明日4月1日からはこのキャンペーンはなくなります!」と言われたので3月31日に『305ZT』を購入してしまった。月額3696円(税込み3991円)で、日割計算ではないので半日間分に3991円払うことになってしまうのだが、「今日中に契約しなければ翌日からは7GBを越えた場合500MBで500円かかってしまう!」というので契約。その量販店で当日のみ使えるポイントを10000円分もらったので、まあいいかなと自分に言い聞かせながら。

翌4月1日サイトをチェックすると
「好評につき5月10日までキャンペーンを延長いたしました!」
との文言が。オイコラ、ダマしやがったな!(※5月11日には、再びキャンペーン期間が延長)

釈然としない思いを抱えながらも、通信速度は良好、動画サイトをチェックするのにも不満はない。あっという間に7GB近くなり、ルーターの液晶画面に

規定のデータ量を超えると通信速度が
低速化されます。通常速度を維持する
予約申し込みを行いますか?

のメッセージが。予約申し込みを行なうと7GBを超えても速度は維持される。また、その次より、あと200MBで500MBを超えるというときにお知らせが来る。

その操作がいちいちめんどくさいとはいえ、契約時より了承していたことであるし、何よりデータ量の追加が無料なので特に問題はなかった。

しかし、

なお、追加料金をお支払いいただいた場合も、別途「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づき、通信速度の制御を実施します。詳しくは「通信速度の制限について」をご覧ください。

http://www.ymobile.jp/service/info/tsushin.html[リンク]
と、『ワイモバイル』のサイトにも「3日で1GBを超えたら通信速度の制限」との文が。購入時、店員に「WiMAX 2とちがってコチラは3日で云々の制限がないんですね?」とわざわざ確認したのに……。オイコラ、ダマしやがったな!

動画を観たりすれば3日で1GBなどあっという間だ。都内某所で30Mbpsほど出ていた通信速度は、バッチリ制限がかかって約0.5 Mbpsくらいになってしまった。

しかし、いまだに量販店には「さよなら!速度制限!」と大きな文字で書かれたPOPが飾られている次第である……。

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP