ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実写ドラマ『デスノート』で夜神月「平凡」化が話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本テレビで7月放送開始の連続ドラマ『デスノート』。その主人公・夜神月(ヤガミ・ライト)の「キャラクター像変更」が報道され、ネット上で注目をあつめています。

【関連:またデスノート落としちまったよ…『DEATH NOTE』7月に連続ドラマ決定】

 報道によると、映画では天才大学生だった主人公が「平凡な大学生」に変更され、他にもLが過剰にお菓子を食べるという設定をおさえ「天才」ぶりに焦点をあてるとしています。

 今回連続ドラマ化される『デスノート』は、集英社・週刊少年ジャンプで2003年から2006年にかけ連載された、大場つぐみさん原作、小畑健さん作画による人気マンガが原作です。2006年には藤原竜也さん・夜神月役、松山ケンイチさん・L役で実写映画化され、前後編あわせ興行収入80億を突破しています。
原作や映画版では、名前を書くと書かれた相手が死んでしまう「デスノート」を巡り、二人の天才、夜神月とLとの頭脳戦を軸に描いたストーリーになっています。

 そのため、今回の夜神月平凡化報道については、「すぐに逮捕されちゃうじゃん」「凡人がノートを拾う→英語が読めないから捨てる→完」というストーリー自体進まないという声、「凡人なライトに用はない」「でたー実写化伝家の宝刀「オリジナル設定」」「どうせオリキャラ(オリジナルキャラクター)とかも出るんでしょ」といった不満の声など様々な声があがっていました。

 なお、ドラマ『デスノート』のキャストは、主人公・夜神月役は窪田正孝さん、L役に山崎賢人さん、そして初実写化となるLの後継者ニア役は優希美青さんに決定しています。

 

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP