ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファン感涙!映画「スワロウテイル」のあのバンドが一夜限りの復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

蝶が描かれたこのビジュアルを見て、条件反射的に心が震える人は少なくないだろう。

1996年に岩井俊二氏が監督、小林武史氏が音楽を担当した映画「スワロウテイル」に登場する架空のバンド「YEN TOWN BAND(イェンタウンバンド)」が、当時実際にリリースしたアルバム「MONTAGE」のジャケットだ。

ヴォーカルは、劇中に登場する主人公グリコ役を演じたChara。

シングルとして発売された 「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」は、オリコンチャートで1位を獲得し、85万枚を超える大ヒットとなるなど、映画の圧倒的な世界観と音楽性でムーブメントを起こしたあの伝説のバンドが、一夜限り限定で復活する。

舞台に選んだのは、今年9月に新潟県十日町で開催される「大地の芸術祭 2015」というイベント。

プロデューサーの小林武史氏は、「イベントで一度ライブを行ったことはあるが、その時はあくまでイベント出演に応じたということであり、今回が本当の活動ということになると思う。劇中の架空のバンドに命を吹き込んで出来たのがYEN TOWN BANDだったが、映画と同様に20年近く経っても古くなっていない。その普遍性に新たなミッションを加えてYEN TOWN BANDという伝説の入れ物に新たな魂を吹き込んで行きたい。」と語っている。

お金が中心の架空都市、円都(イェンタウン)の中でアナーキーな態度をとり、愛を歌ったYEN TOWN BAND。

約20年の時を経て、現代の社会にどんなメッセージを投げかけてくれるのか、今から注目だ。

チケット発売日などの詳細は「大地の芸術祭 2015」のホームページでアナウンスされているので、気になる人はチェックしてみて。

大地の芸術祭 2015
http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/yen_town_band_nobutai_produced_by_takeshi_kobayashi

音楽(まとめ)
映画(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP