ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遊歩道に設置された彫刻。撮影すると著作権侵害?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

遊歩道に設置された彫刻。撮影すると著作権侵害?

Q.

 街なかで遊歩道などに彫刻が設置されているのを目にします。

 さて、こうした街なかの彫刻を個人で撮影した場合、著作権法違反となるでしょうか?

(1)違反にならない
(2)違反になる

A.

正解(1)違反にならない

 美術館などに所蔵されておらず、公園や街路など一般公衆に開放された場所に設置された彫刻については、個人で写真撮影をしても問題ありません(著作権法45条46条参照)。
 これは、設置段階においてすでに一般公衆の目に触れることを想定されていて、著作物の保護への期待が薄いからという背景があります。

 しかし、通りに設置された彫刻の写真集を制作するなど「販売目的で複製(写真撮影)した」場合は著作権侵害となるので注意が必要です(著作権法46条4号)。

元記事

遊歩道に設置された彫刻。撮影すると著作権侵害?

関連情報

結婚式でiPadに保存した楽曲リストを再生できる?(なっとく法律相談)
委託されて撮影した画像の著作権は誰のものでしょうか?(なっとく法律相談)
女優の合成写真で出版社が敗訴(今週の話題 ~法律はこう斬る!)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。