ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スワロウテイル』から20年……YEN TOWN BAND復活 岩井俊二「僕らの中でイェンタウンが再び胎動」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本日、渋谷ヒカリエで開催された【大地の芸術祭】開幕直前展に出演した小林武史と北川フラム(大地の芸術祭 総合ディレクター)によるトークイベントで、7月26日~9月13日まで開催される【大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015】クロージング前夜イベントとしてYEN TOWN BANDのライブ開催、さらに新曲を制作していることも発表された。

 YEN TOWN BAND(イェンタウンバンド)とは、1996年に岩井俊二が監督、小林武史が音楽を担当した映画『スワロウテイル』に出てくる架空のバンド。ボーカルは劇中に登場する主人公グリコ役を演じたChara。プロデュースを小林武史が手掛けている。

 1996年7月に発売されたシングル『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』は、約2か月後の10月7日付オリコンチャートで1位を獲得し、85万枚を超える大ヒット。アルバム『MONTAGE』は2週連続で1位を獲得し、2週目にはシングル&アルバム同時1位という快挙を成し遂げている。

 そんな伝説のYEN TOWN BANDが、【大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2015】クロージング前夜のイベントで、約12年振りのライブでもって復活を遂げることが決定。もともと【大地の芸術祭】は、金融グローバル社会から取り残されていく地域にアートの力で世界からの視点を集めることに成功した、地方国際芸術祭の先駆者的存在。そこに、音楽を通じて人と自然とのつながりや持続可能な社会を、「お金」という具体性を伴った媒体に根ざして考える融資活動「ap bank」を行い、東日本大震災以降は東北の復興支援を続け、2017年には石巻の牡鹿半島を中心とした芸術祭開催を予定している音楽プロデューサー・小林武史が、ひとつのアート作品として元々お金中心な社会にアナーキーな態度をとっていた“YEN TOWN BAND”を概念として登場させるアイデアが浮かび、映画監督の岩井俊二からの賛同も得たうえで今回のライブ出演が実現した。

 プロデューサーの小林武史は、「イベントで一度ライブを行ったことはありますが、その時はあくまでイベント出演に応じたということであり、今回が本当の活動ということになると思います。劇中の架空のバンドに命を吹き込んで出来たのがYEN TOWN BANDですが、映画『スワロウテイル』と同様に、20年近く経っても古くなっていない。アジアや(一部)ヨーロッパ等でも時代を超えて高く評価されている。その普遍性に新たなミッションを加えてYEN TOWN BANDという伝説的な入れ物に新たな魂を吹き込んで行きたい」と語っている。

 バンドメンバーやチケット発売日を含むライブについての詳細は、本日からスタートしたYEN TOWN BAND Official Facebook / Twitterにて後日発表される。この一夜限りのライブと、今後のYEN TOWN BANDの活動に注目してほしい。

◎岩井俊二コメント

「スワロウテイル」が公開されたのは1996年。来年で二十年が経つ。
この映画の舞台は円都(イェンタウン)と呼ばれる架空都市。物語のテーマはお金=貨幣だった。

この映画は僕の中でずっと社会を見るひとつの物差しのようなものとして残り続けた。
時代の様々な局面で、今、ここがイェンタウンだったら、と、想像を巡らせることが多かった。
今、ここがイェンタウンだったら、どんな人々がどんな暮らしをするだろう。どんな冒険が待ち受けているのだろう。
そんなことを想像してみるのが、自分の癖のようにすらなっていた。
これは僕だけではない。きっと小林さんの中にもあった。
現実をイェンタウンと重ね見る行為。
そこから何か新しいイマジネーションやクリエイションは生まれないだろうか。
そんな会話も長い間お互いの間で、幾度もなされて来たのだが、
ここに来て、にわかに具体的になってきたのは、やはり時代の流れとしか言いようがない。
この穏やかならぬ時代なればこそ‥‥。

こうしてイェンタウンバンドが二十年ぶりに動き出すことになった。
活動再開、と呼ぶべきか、そもそもが架空のバンドだったので、リアライズ、とでも言うべきか。
ともかく、二十年の歳月を経て、
僕らの中でイェンタウンが再び胎動を始めたのは間違いないようである。

岩井俊二(映画監督)

◎イベント【大地の芸術祭 2015 YEN TOWN BAND @NO×BUTAI produced by Takeshi Kobayashi】
09月12日(土)まつだい「農舞台」(新潟県十日町市松代3743-1)
OPEN 17:00 / START 18:00
チケット発売日:後日発表
前売り5,000円(税込・全自由・入場整理番号付き)
当日券5,500円(税込・全自由・入場整理番号付き)
※「大地の芸術祭」作品鑑賞パスポートチケット付き
お問い合わせ:大地の芸術祭実行委員会事務局(025-757-2637 / 8:30~18:00)

関連記事リンク(外部サイト)

小林武史×ハン・ハン、映画『いつか、また』が4月公開決定
ベースメント・ジャックスの最新ALボートラにCharaが参加
桜井美南「そのまま演じることができた」岩井俊二、連ドラ初挑戦で楽しさ見いだす

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。