ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

能年玲奈の厳しい言葉に悩んだ担当マネ 昨春長期休養していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年の朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクした能年玲奈(21)に「独立騒動」が取り沙汰されている。メディア露出が激減した能年に、いま何が起きているのか。

 週刊文春(5月7・14日合併号)は〈能年玲奈 本誌直撃に悲痛な叫び「私は仕事がしたい」〉という見出しで、6ページにわたって彼女が所属事務所(レプロエンタテインメント)から過酷な待遇を受けていたことを報じた。

 同記事は、誰の証言とは明示せずに、月給が「5万円」だった、『あまちゃん』(2013年4~9月放送)後に仕事を与えられずに干されていた、彼女が望んでいた映画『進撃の巨人』(今夏公開予定)の出演を事務所が断わった、さらに事務所社長による「パワハラ」発言の被害に遭ったなどと報じた。それに耐えかねた能年は事務所側に「辞めたい」と伝えたのだという。

 記事を読めば、「独立騒動」は能年が“ブラック職場”から逃げ出したがっていると受け取れる。しかし、事情を知る関係者に取材を進めると、ずいぶん違った側面が浮かび上がった。

 昨年4月、能年の担当マネージャーだったX女史が長期の休養に入った。

「彼女は過度なストレスから体調を崩し、会社に行けなくなってしまったのです。Xさんは、能年さんから投げかけられる厳しい言葉に悩んでいました」

 重い口を開くのは、X女史から「能年問題」で相談を受けてきた知人のA子さんだ。X女史は事務所の俳優部門を統括する総責任者を兼務していた。競争が激しい業界で長く働き、経験も豊富な彼女が出社できなくなるほどの「言葉」とは何だったのか。A子さんが語る。

「能年さんが変わったのは『あまちゃん』の放送が始まる直前の2013年春頃。それまでは天然キャラだったのに、撮影現場で事務所のスタッフを無視することが増えたそうです。Xさんが注意すると、“これが私の普通なんですけど!”と大声で返してきたそうで、Xさんは困り切った様子でした」

 X女史は、最初は慣れない長丁場の撮影にストレスを感じているのだと、むしろ心配していたという。ところが、「現場マネージャーが挨拶しても目を合わせなかったり、舌打ちをしたり、大声でマネージャーを非難したりすることが続いたそうなのです」(A子さん)。

 テレビから受ける能年のイメージからはほど遠い証言だが、あまちゃん終了後もその傾向は続いたという。

 能年の感情の起伏が大きくなりやすいキーワードが「先生」だった。A子さんが話す。

「『あまちゃん』終了後、能年さんは現場に演技アドバイザーを連れて行きたいと事務所に要望したんです。Xさんが、撮影現場に部外者を連れ込むべきではないと彼女に電話でいったら、“なんでダメなんだ? 先生をバカにしないで!”と大声でまくし立てられたそうです。決して『先生』をバカにしているわけではないのに数分間も電話口で怒鳴られたそうです」

 この「先生」とは、もともと事務所と契約していた演技指導者で「魅力開発トレーナー」の肩書きを持つ滝沢充子氏(現在は能年が今年1月に設立した会社「三毛andカリントウ」の役員に名を連ねている)。能年自身も取り乱したことは反省したようで、謝罪してきたという。

「Xさんに大声を出したあとは、電話やメールで“さっきはすみません”と謝るのが常だったそうです。自分をコントロールできなくなっていたのでしょうか。

 ただ、それで関係修復とはならず、すぐにまたメールで“あなたは私の恩師をバカにする時は生き生きしていますね”“次に私の恩師をバカにしたら許しません。怒りで仕事どころじゃなくなる”などと逆にヒートアップするときもあったそうです。

 鎮めようのない怒りの電話が深夜まで続くこともたびたびあって、Xさんは精神的に参ってしまったのです」(A子さん)

 芸能界では、アクの強い芸能人が事務所に対して自身の考えを強く主張するのは珍しいことではない。それに対してうまくマネジメントするのも事務所の役割だ。

 能年の場合も、事務所に自分の考えを主張しただけだったなら、言い方はともかく必ずしも間違った行動ではない。若くして突然スターダムにのしあがっただけに、事務所のバックアップ態勢や役割を理解できずに、「業界の大人たち」に向かって「なぜ私のことをわかってくれないのか」という思いもあったのかもしれない。

 ただし、事務所ではX女史だけではなく、直接、撮影の場に立ち会う現場マネージャーも疲労困憊していたようなのだ。その結果、たびたび担当が代わった。能年はそれに対しても不信感を抱いたのかもしれない。

※週刊ポスト2015年6月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
能年玲奈 自ら代表となり「唯一の親友」と会社設立していた
独立渦中の美川憲一 渋谷の億ション差し押さえと報じられる
CMギャラランキング 安室奈美恵と浜崎あゆみは特殊事情絡む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。