ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さまの大胆服装 新たな皇室のあり方になるのではとの評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋篠宮家の次女・佳子さまの露出度が高い大胆な着こなしが話題になっている。日本では皇族方が肌を露出されただけで、これだけ注目が集まるものだが、海外に目を向けると、佳子さま以上に大胆なファッションのプリンセスはいる。

 5月2日に長女のシャーロット王女を出産したばかりの英国・キャサリン妃(33才)。王女を連れて病院を退院した際の黄色のワンピースが、即座に彼女のお気に入りのブランドの『ジェニー・パッカム』のものだと判明してしまうほど、キャサリン妃のファッションは注目の的である。

 英王室に詳しいジャーナリスト・多賀幹子さんはこう話す。

「キャサリン妃は学生時代にチャリティーファッションショーに出演した際、黒い下着が丸見えのシースルーのベビードール姿を披露したこともあります。

 王族になられてからも、“深めのVゾーン”といわれる胸元が開いた服を身につけられることが多いですね」

 エルメスのケリーバッグで有名なモナコ公国のグレース・ケリー王妃(享年52)の孫娘・シャルロット・カシラギ公女(28才)は、グレース王妃譲りの美貌の持ち主だが、2012年から世界的ブランドである『グッチ』のイメージモデルを務めている。そのため、彼女のファッションは世界中のセレブたちから常に注目を集めている。

「英王室をはじめとして、ヨーロッパの王室は、日本に比べると自由度は断然高いですから、当然、パパラッチにも狙われやすいですよね。2012年にはキャサリン妃がバカンス中にトップレス写真を撮られるという事件も起こったほどです。明らかにヨーロッパの王室の方が開放的なのかもしれませんね」(前出・多賀さん)

 また英国のベアトリス王女(26才)のファッションもキャサリン妃やシャルロット公女とは違う意味で関心を呼んだ。

「ベアトリス王女はウイリアム王子(32才)とキャサリン妃の結婚式で、奇抜な帽子を着用して“ワーストドレッサー”と批判を浴びました。そこで彼女は日給1500ポンドで専属スタイリストを雇うなど、セレブらしいファッションをしようと努力しているんです」(前出・多賀さん)

 英国では肌の露出度や過激度が問われるのではなく、センスが問題となるようだ。ファッション評論家・日置千弓さんはこう言う。

「英国では、キャサリン妃が“胸元が大きく開いたドレスを着ているから下品だ”とか“露出が多いからダメだ”という国民はほとんどいません。

 できれば佳子さまにも同年代の女の子と同じように、トレンドを取り入れて、ご自分なりのファッションを楽しんでいただきたいです。それが国民と皇族をつなぐ新たな皇室のあり方になるのではないでしょうか」

※女性セブン2015年6月4日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キャサリン妃の不妊症報道 リークしたのはカミラ夫人説
カミラ夫人「キャサリン妃は難産に決まってる」などと喧伝か
チャールズ皇太子に「歯磨きのチューブ絞る係」がいるらしい

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP