ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミュージカルに楽しむ作法なし 気になるポイントを楽しもう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 渡辺謙や吉田鋼太郎もあえて初めて挑むミュージカル。芝居、音楽、ダンスと、その見どころは満載だ。近年では、この「3倍おいしい」ミュージカルの魅力にハマる人々が続出。ディズニーの名作「アラジン」も劇団四季によって5月24日に開幕した。

 ミュージカル評論家の萩尾瞳さんは、国内ミュージカル界の歴史が変わったのは、1983 年に開幕した劇団四季の『キャッツ』だと語る。

「“プリンス”井上芳雄さんも、ミュージカルを目指すきっかけとなったのは『キャッツ』。当時の子供たちがもう30代になり、主役ができるようになってきたんですよね。そしてもうひとつ、 1987年初演の東宝『レ・ミゼラブル』の存在も大きい。それまでのミュージカルは主役しか目立たなかったのに対して、“レミゼ”では脇役やアンサンブルもやりがいがあると気づかせてくれた。目指す人が多くなったことで、クオリティーも高まり、バラエティーも豊富になりました」

 ミュージカルを楽しむための作法はない。

「歌や物語を知っていた方がテンションは上がりますが、予習必須じゃありません。歌、ダンス、俳優、物語…どれかひとつでも気になるものを選べば、絶対に楽しめますよ」(萩尾さん)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ミュージカル『アラジン』 ディズニー作品の中でも大人向け
劇団四季 被災地でミュージカル公演して子供たちとの交流会も
高橋愛、保田圭らモー娘。OGがミュージカルに強い理由を分析

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。