ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年収3億円超え説ある内村光良 テレビ界から求められる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、テレビ界で仕事のオファーが引きも切らないのが、ウッチャンナンチャンの内村光良だ。50才になったベテラン芸人は、ほかの多くの大御所芸人をしのぐほどの売れっ子ぶりだ。

「ここだけの話ですが年収は明石家さんまやダウンタウン、爆笑問題を抜いて芸人のトップに立っているという声もある。決めてはレギュラー番組の本数です。レギュラー本数では有吉弘行やマツコ・デラックスが多いですが、芸歴がモノを言う世界ですからね。内村さんほどのベテランで、あれだけのレギュラー数を持っている人はそうはいない」(キー局編成マン)

 内村のレギュラー番組の内訳だが――

『内村さまぁ〜ず』(MXテレビ他)、『そうだ、旅(どっか)に行こう』(テレビ東京)、『LIFE!~人生に捧げるコント~』(NHK)。『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)。『スクール革命!』(日本テレビ系)、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)、『見破れ!!トリックハンター』(日本テレビ系)とメイン司会番組が7本。これに『お笑いDynamite!』(TBS系)、『うわっ!ダマされた大賞』(日本テレビ系)などの特番が加わる。

「仮にレギュラー1本のギャラが100万円と計算し、さらに特番のギャラを加えると、年収3億円超えていてもおかしくありません。さらに今年の10月からは、民放2局でのレギュラーの予定がある。衝撃映像を視聴者から募集する番組や、ニュースバラエティーショーが企画されています。内村人気は、これからですよ」(テレビ局関係者)

 それにしてもなぜ、内村はこれほどまでテレビ界で人気なのか? 

 内村のそれほどあくの強くないキャラクターが司会に向いていて、「ポストタモリ」という呼び声も高いが、それだけではないようだ。

「スタッフの面倒見がいいんです。共演者もそうですが、ADのときから面倒を見ている昔からのスタッフも多い。例えば『世界の果てまでイッテQ!』のプロデューサーは『ウッチャンナンチャンのウリナリ』(日本テレビ系・2002年3月終了)でAD兼コーナーディレクターだった人物です。内村は自らスタッフに“困ったことがあったら言ってこい”と、声をかける。この内村の言葉に、駆け出しのスタッフは救われています。そう言われたスタッフは、プロデューサーなど権限のある立場になったとき、内村と番組をやりたいと声をかけるんです」(編成関係者)

 さらに、潜在視聴率の高さやプロデュース力も注目されている。

「内村は潜在視聴率10.1%という非常に高い数字を誇っているんです。また共演者のプロデュース力にも非常に長けています。お笑いコンビ・バカルディはさまぁ~ずへ、海砂利水魚はくりぃむしちゅーへと改名させ、大ブレイクさせたのは有名な話です。

 他にも千秋、キャイ~ンのウド鈴木、ネプチューン、有吉弘行、イモトなど多くの芸人を番組を通じてアシストして、売れるきっかけを作っている。“内村プロデュース”の成功例は、数え上げればきりがない。そんなことから、芸人からの信頼は熱く、司会が内村と聞けばよほどのことが無い限り断る人はいませんよ」(バラエティー番組スタッフ)

 ウッチャンの勢いはしばらく続きそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元お天気お姉さん・甲斐まり恵の「アバンチュール」撮り下ろし
日本テレビの夕方ニュース枠拡大 制作会社競争激化の側面も
NEWS ZERO山岸舞彩アナ「ミニスカ解禁するしか…」の陰口も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。