ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 5.0以上のSmartLock機能がアップデート、4時間の非アクティブ時に自動的にロックをかける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 以上で利用できるスマートフォン・タブレットの自動ロック機能「SmartLock」が Google Play 開発者サービスの最新版で、非アクティブ状態が 4 時間継続すると、自動的にロックをかけるようになりました。SmartLock は、Bluetooth 機器との接続や場所などによってロック画面認証を自動的に ON / OFF するセキュリティ機能で、最近ではユーザーの声や加速度センサーなどを用いて持ち運びを検知して ON / OFF することも可能になっています。今回のアップデートでは、いずれかの方式で SmartLock を有効にしている場合でも、操作されない・画面が ON にならない、非アクティブの状態が 4 時間が継続すると、SmartLock のオプションによらず自動的にロックをかけ、長時間の未使用時や他の SmartLock オプションが機能しなくてもロックをかけてくれます。Source : Android Police


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia ZやXperia ZRなどがAndroid 5.0アップデートでUltra Staminaモードに対応
$99のLollipopスマートフォン「BLU Studio C」が米国で発売
「Xperia Z4 Tablet」の台湾での価格が判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP