ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドリームジャンボ発売日徹夜で並んだ男性 兄の治療費が必要

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 平成になってから、億万長者を463人輩出し、当せん総額は約696億円。昨年度だけでも、億万長者が16人で総額32億円を出し“日本一の宝くじ売り場”の呼び声高い『西銀座チャンスセンター』(東京・中央区)。1等・前後賞合わせて7億円が当たるドリームジャンボ宝くじ発売日の5月13日、同売り場には宝くじを求めて多くのファンが集まり熱気ムンムン。そこで、高額当せんに向けてやる気充分な先頭集団に話を聞いてきました。

 記念すべきいちばん乗りは、神奈川県在住の鈴木政行さん(69才)。発売前日の午前8時30分から、丸1日並んで先頭の座を射止めた。

「13日の朝は台風が東京にもくるってニュースで言ってたから…東京にも“当たる”って思って、“ついでに宝くじも当たってくれ”と願って来たんだ(笑い)。昨日はすごい雨だったけど、お店の軒下に隠れて雨風をしのいだよ」

 そう笑う鈴木さんは、宝くじ購入歴30年以上の大ベテランだ。

「今回は、連番100枚とバラ30枚を買うんだ。買った宝くじは自宅近くの『鶴岡八幡宮』、『銭洗弁財天』や『笠のぎ稲荷神社』に持って行って当せん祈願する予定だよ」(前出・鈴木さん)

 これまでの当せんは最高で100万円だが、鈴木さんには高額当せんを果たして叶えたい夢があった。

「宝くじを当てて、家を買いたいんだよ。ずっと生まれ育った場所に。それと、実は私の兄が少し前に病気で倒れて入院してしまっていて…。小さい頃から兄とはすごく仲がよかったから、兄の治療費を出してあげたいんです」(前出・鈴木さん)

 2番乗りは都内在住のAさん(男性・76才)。鈴木さんに遅れること約4時間後の前日の昼過ぎから並んだ。Aさんは西銀座チャンスセンターに通って10年になるという。

「もともとは新宿の売り場で買ってたんだけど、“全然当たらねえ”って愚痴を言ったら、“西銀座チャンスセンターに行ってみれば?”ってアドバイスをもらったんだよ。買い方は全部バラで100枚。連番だと組が違うとそれで10枚オダブツだけど、バラは1枚1枚見る楽しみがあるから、100回ワクワクできるだろ」

 宝くじが当せんしたら「でっかいマンションを買いたい」とAさんは息巻いている。

「年金暮らしなんだけど、もらえる額も微々たるもんでアパート暮らしだからね。あとは、弟のいる岡山県あたりにもうひとつマンションを買いたいな。本当のところ、東京から出たい気持ちもあるんだよ。ビル工事の仕事をしてきたんだけど、ずっと東京暮らしだったから、どっかの田舎に引っ込んで、ゆっくり過ごしたいよ」(前出・Aさん)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1枚500円 「宝くじの日記念くじ」が1000万枚限定で発売へ
春きらきらくじ 1万円当せん率が大幅にUPしているのが特長
年末ジャンボ宝くじ 十の位と一の位の合計6の組が狙い目か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP