ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イチロー・松井・新庄・井口・田口 MLBが震撼の興奮シーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野茂英雄が鮮烈なMLBデビューを飾ってから今年で20年。以後、投手だけでなく野手も続々と海を渡るようになったが、記憶に残る名シーン(野手編)を振り返ってみよう。

●イチロー「オールスター史上初のランニングHR」
(2007年7月10日・マリナーズ在籍のオールスターゲーム=AT&Tパーク)

 78回の歴史で初、イチローにとっても「生まれて初めて」の経験だった。右中間に伸びた打球を憧れのケン・グリフィーJr.が追う。しかし、フェンスに跳ね返ったボールは逆方向に転がり、イチローは一気に本塁へ。この快挙でMVPに輝いた。

●松井秀喜「ワールドシリーズMVP」
(2009年11月4日・ヤンキース在籍のフィリーズ戦=ヤンキースタジアムでのワールドシリーズ第6戦)

 第2打席でペドロ・マルティネスからシリーズ3本目となる先制2ラン、その後も2本のタイムリーで1試合6打点のシリーズタイ記録をマーク。前日に取材した際は「目の前の試合に集中するだけ」と話していた。不動心が支えた快挙だった。

●新庄剛志「DL覚悟のカミカゼ・スプリント」
(2001年6月17日・メッツ在籍のヤンキース戦=シェイスタジアム)

 サブウェイシリーズ屈指の名試合。8回裏1死一、三塁、遊ゴロを放った新庄は左太もも裏を痛めていたが激走、スライディング。併殺を崩し次打者ピアッツァの逆転2ランと勝利を呼び込んだ。日本よりニューヨークで語り草の伝説的プレー。

●井口資仁「世界一への流れを呼んだ逆転3ラン」
(2005年10月5日・ホワイトソックス在籍のレッドソックス戦=USセルラー・フィールドでの地区シリーズ第2戦)

「スマートベースボール」を標榜したオジー・ギーエン監督が「チームのMVP」と信頼を寄せていた2番セカンドの井口。下馬評では不利とされたレッドソックスとの地区シリーズのスイープを決定づけたのが第2戦、5回の逆転3ランだ。

●田口壮「リーグ優勝を手繰り寄せる決勝ホーマー」
(2006年10月13日・カージナルス在籍のメッツ戦=シティ・フィールドでのリーグ優勝決定シリーズ第2戦)

 トニー・ラルーサ監督(当時)をして「野球を深く理解している」と評された田口。スーパーサブとしてチームを支えたが、この日は主役に。同点の9回表、ビリー・ワグナーの98マイルの剛速球を左翼席に叩き込む大殊勲となった。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野茂・伊良部・斎藤隆・ダル・上原 MLBが震撼の興奮シーン
レ軍で世界制覇時の上原 歴代ナンバーワンの安定感だった
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP