ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャスト&監督が語る「マックスという男」大ヒット爆走中の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特別映像!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


5月15日(現地時間)に全米公開を迎えた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。フランス、イギリス、韓国、ロシア、オーストラリア、ブラジル、メキシコをはじめ全世界40カ国で興行成績1位、週末全世界興行成績1位、R指定アクション映画史上1位という過去作品それぞれの最終興行成績を上回る大ヒットを記録中です。

米の批評サイト「Rotten Tomatoes」では、98%という圧倒的な評論家の支持と、94%という超絶的な観客の期待度という驚異的な高評価を獲得、興行&評価共に文句なしのオープニングを飾った。世界中で話題を集める中、6月4日(木)には、8年ぶりの来日となるジョージ・ミラー監督を迎えてのジャパンプレミアの開催も決定。今から公開が待ちきれないという人も多いでしょう!

今回、新たなマックスを演じているトム・ハーディ、女戦士フュリオサで新境地を披露するシャーリーズ・セロン、シリーズの創造主であるジョージ・ミラー監督が、全世界No.1に輝いた主人公マックスのキャラクターについて語った特別影像が解禁となりました。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』トム・ハーディ、監督が語る「マックスという男」
https://www.youtube.com/watch?v=mke0IDpo2L0 [リンク]


マックスの「かつて警官だったが、今はイカれた奴が正義だ」という独白で幕を開ける特別映像では、彼の複雑なバックグランドが語られているから要チェックだ。ジョージ・ミラー監督が「マックスは孤高の男で、荒廃した世界でさまよっている」と紹介すると、「典型的な英雄ではなく、過去を引きずり、救えなかった人々の悪夢を見ている」とトム・ハーディ。「警官時代に悲惨な状況で家族を失った彼は、荒廃した世界で野生動物と化している」と語る監督の言葉を受けて、「彼は孤独。獣のようにうまく話せず、過去からの声が頭の中で響いています。

そんな状況の中で、フュリオサと出会うマックス。「彼女は、捕らわれた女たちを引き連れ、安全な場所に逃がそうとしていて、マックスも参加するしかない状況に追い込まれる」とトム・ハーディが物語の核心を突きます。マックスとフュリオサ、「彼らは決して他人を当てにしない。2人とも誰も信用しないの」と語るのは、すっかり髪が伸びたシャーリーズ・セロン。う、美しい。

警官時代に救えなかった人々の叫び=トラウマを抱えて荒野をさまようマックスは、荒廃した世界を支配するジョーに捕らえられた女たちを逃がそうとするフュリオサと出会い、自由と生き残りを賭けた戦いへと突き進んでいきます。このシンプルなストーリーラインを軸に繰り広げられる、生身の肉体を極限まで追い込んだ怒濤のアクションシーンが。

「世界が崩壊し、誰もがおかしくなった。狂っているのはどっちだ? オレか、世界か……」と、現代を生きる我々に届けとばかりに、マックスの独白が強烈に突き刺さる映像は、テンションをブチあげてくれること間違い無しです!

こちらもヒャッハー!→『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特集ページ
http://getnews.jp/madmaxfuryroad

(c) 2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP