ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『マッドマックス』トム・ハーディが語る、「マックスとは何者なのか?」【動画】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

既に海外では公開され、フランス、イギリス、韓国、ロシア、オーストラリア、ブラジル、メキシコをはじめ全世界40カ国で興行成績1位、週末全世界興行成績1位、R指定アクション映画史上1位という過去作品それぞれの最終興行成績を上回る大ヒットとなっている『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。今回、日本公開を前に、主人公マックスの2分3秒に渡る特別映像が解禁となった。

https://youtu.be/uwOTo03hqyo

マックスの、「かつて警官だったが、今はイカれた奴が正義だ」という独白で幕を開ける特別映像では、彼の複雑なバックグラウンドが語られている。ジョージ・ミラー監督が「マックスは孤高の男で、荒廃した世界でさまよっている」と紹介すると、「典型的な英雄ではなく、過去を引きずり、救えなかった人々の悪夢を見ている」とトム・ハーディ。

「彼は孤独。獣のようにうまく話せず、過去からの声が頭の中で響いている。そんな状況の中で、フュリオサと出会う。彼女は捕らわれた女たちを引き連れ、安全な場所に逃がそうとしていて、マックスも参加するしかない状況に追い込まれる」とハーディが徐々に物語の核心を突いていく。そして「二人は決して他人を当てにしない。誰も信用しないの」と語るのは、すっかり髪が伸びたシャーリーズ・セロンだ。

警官時代に救えなかった人々の叫びを心の奥に抱え、荒野をさまようマックスは、荒廃しきった世界を支配するジョーに捕らえられた女たちを逃がそうとするフュリオサと出会い、自由と生き残りを賭けた戦いへと突き進んでいく――。

自由と生き残りを賭けたMADな闘いが、今幕を開ける。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は6月20日(土)、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリー他2D/3D & IMAX3D公開

https://youtu.be/zenRD8CNaJ0

(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

■参照リンク
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/madmaxfuryroad/

関連記事リンク(外部サイト)

バイクのマフラーでポップコーンを作るバカすぎるライフハックwww【動画】
​『マッドマックス』名悪役トーカッターとG・ミラー監督の劇場マナーCMがヤバいwww
『バットマン』をイメージした絶叫ジェットコースターがコワすぎる!【動画】
世界一タフな銃、これがアサルトライフル「カラシニコフ」ことAK-74である!【動画】
ヨーロッパの名曲「ザ・ファイナル・カウントダウン」をバンジョーで演奏してみた【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP