ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「本能的な女優」と監督を絶賛させる、前田敦子の表現力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVEJ-WAVE土曜午前の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺祐/山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。5月23日のオンエアでは、ゲストに前田敦子さんが登場しました。

アイドルグループAKB48を卒業し、今や女優として引っ張りだこの前田さん。女優人生のターニングポイントを作ってくれた2人の映画監督との出会いについて語りました。

一人は、2年前に前田さん主演の映画『Seventh Code』を監督した黒沢清監督。監督は、前田さんが無意識にしていた“いらないもの”をはぎ取ってくれたと言います。

「今のはたぶん癖だから、ちょっとその癖をやめてみてください、たぶん、いらないと思いますよ、みたいな感じで言ってくれるんですよ。そういうことを言われたのは初めてだったし、ああ、私そんな癖があるんだと。たしかにいらなかったなと、あとから見て思ったというか。すごくシンプルにお芝居というものに向き合えたというか。ちょうどAKB48というグループを卒業して、次の年ぐらいだったので、今の自分というものをもう一度見つめ直せて、すごくシンプルにいていいんだなと思わせてもらえたというか」(前田さん)

そんな前田さんを黒沢監督は「今後の日本映画界も世界もリードする才能の一人」と絶賛しています。「こちらが予想したことを上回るような表現を本能的、瞬間的にしてくれるので、モニターを見ていてゾクゾクする女優さんだ」とも。

そして、もう一人は前田さんが主演する映画『イニシエーション・ラブ』の堤幸彦監督。監督からは次のようなアドバイスを得て、役作りのヒントにしたそうです。

「監督は、私の演じた繭子ちゃんに対して、すごく強い思いを抱いてくれていて。女の子に対する願望がすごくある方で、そこに対して明確なんです。こうやるとグッとくる。この顔、たまらないとか。学生時代に出会っていたら、一生支えていたという女の子なんだ、繭子は、と言ってくれて。だから、男の人目線から見てかわいいというのを100%教えてもらいながら、できたなというのはあります」(前田さん)

前田さんが、全身で恋する女の子を演じたという『イニシエーション・ラブ』は23日から公開です。「最後の5分で全てが覆る」というコピーが印象的なこの映画。前田さんの表現力に心地よく騙されてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/lifeisagift/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP