ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ落ちこぼれ学生は、社会で成功するのか?あなたの成績が悪くてもいい理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカでは、ほとんどの大学の成績がA~Dに分かれています。
Aが一番成績がよく、90点~100点程度で一般的にクラスの上位20%。Cはクラスの平均もしくはそれ以下といったところ。
そして、意外なことに社会における成功者たちの多くは、学生時代に“C”を取っていたのだとか。
そんな事実に着目した「Elite Daily」の記事「“C”を取った学生は社会に出てから成功する」が、アメリカで話題になっています。

Reference : Andrew Feinberg

歴代大統領に起業家たち・・・
成績が悪かった有名人

ブッシュ元大統領が南メソジスト大学で行ったスピーチがあります。

「本日卒業する学生諸君へ、私は『よくやった』と言いたい。そして成績がCだった学生諸君へ。『君もよくやった。そしてきっと大統領になれる』」

大学での成績で存在価値が決まるわけではありません。人生は限りない可能性に満ち溢れています。
これまでにも学生時代の成績が芳しくなかった大統領はたくさんいます。例えばジョン・F・ケネディ や、リンドン・ジョンソンは有名です。また、スティーブ・ジョブズやマーク・サッカーバーグ、ビル・ゲイツなどの名だたる起業家は、皆大学を中退しています。教育を受けることはもちろん大切ですが、成功への道は一つではないのです。

大学での優劣は、
実社会とは関係ない

宇宙物理学者のニール・ドグラース・タイソンは、マサチューセッツ大学でのスピーチでこう語っています。

「大学での成績がどのようであろうと、人生で大した意味はない。なぜなら、人生において大学のスコアを聞かれることはないからだ。成績は、学生時代の君を示す数値になる。しかしそれは、残りの人生を定義するものではない」

学生の時にいい成績をおさめることは、能力を示す一つの目安にはなります。だからといって、実社会で成功できるとは限りません。それぞれの個人が持つ特徴や経験、コネクションなどが人生の方向性を左右します。成功するには、情熱や忍耐力そして失敗が持つ価値を理解することが必要です。
これこそが、“C”のスコアをとる学生が社会で活躍できる理由です。彼らは学生時代、決して成功をおさめていたわけではありません。だからこそ、もがきながら困難に打ち勝っていく意味を誰よりも分かっているのです。
これは成績が悪いほうが成功できるという意味ではありません。ただ、大学で優秀だったからといって実社会でもトップになれるわけではないのです。

社会で問われるのは、
「変化を起こせるか否か」

結局、成績は単なる紙きれにすぎません。本当の成功とは、“他の人のためになるような変化”を、実社会で起こせるかどうか。
大学を優秀な成績で卒業できなかったからと言って、落ち込まないでください。人生は山あり谷あり。
大学では多くのことを学べますが、社会に出た後も学びは続いていきます。どうか勉強することをやめないでください。人生とは、学び続けていくものなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「ビル・ゲイツやジョブズなどの、驚異的な成功者に共通することは?」その問いに、イーロン・マスクの元妻が答えた
Appleは「なぜ」を伝えて成功した!優れたリーダーが大切にしていること
僕が2人の億万長者から盗んだ、成功にゼッタイ欠かせない「20の習慣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP