ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2010年の岡村隆史の休養 病院診察を勧めたのは大泉洋だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朝ドラに、映画にと現在引っ張りだこの大泉洋(42才)。現在、レギュラー出演中のNHK連続テレビ小説『まれ』で、土屋太鳳(20才)演じる主人公・津村希の父親・徹役を熱演している。一体どんな人物なのか。

 北海道出身の大泉は、大学在学中に演劇集団『TEAM NACS』を結成。在学中の1996年10月から出演した北海道ローカルのバラエティー番組『水曜どうでしょう』(北海道テレビ放送)が深夜枠にもかかわらず最高視聴率18.6%を記録する超人気番組となり、一躍、大泉は“北海道のスター”となった。

“全国区のスター”という“でっかい夢”をつかもうと、2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ系)で全国ネットの連続ドラマ初出演を果たすと、以降は『小早川伸木の恋』(フジテレビ系)、『ハケンの品格』(日本テレビ系)など話題のドラマに次々と出演、映画『探偵はBARにいる』に主演するなど実力派俳優として知名度を上げた。

 しかし、デビュー当時は北海道の実家で暮らし、出稼ぎ感覚で東京で仕事をしていたという。かつて大泉は女性セブンの取材に対してこう語っている。

「なんですか? ぼくがマザコンだとでも言いたいんですか? なんだかんだ言って男はみんなマザコンなんですよ。なぜ、年頃になったら家を出なきゃならないんですか! 確かに、ぼくのことを自立できない男というヤカラは多いですよ。えぇ、親にまで言われています」

 この“ボヤキ”こそが、大泉の魅力のひとつなのだ。そこに誰かいれば「笑わせたいという衝動が抑えられない」と公言する大泉。その下地は保育園の頃から育まれた。

 他の子供がアニメやゲームに夢中になるなか、彼は母親が買ってきたという落語のテープやお笑い番組にハマり、保育園では、「そうだろう、さくら」と寅さんのモノマネをして大人たちを笑わせていたという。

“芸人でもないのに、バラエティーでふざける自分を芸人たちは快く思っていないのでは”と負い目を感じていたという大泉だが、ナイナイ・岡村隆史(44才)とは共演を重ねるうちに食事に行く仲に。

「大泉さんは会計のタイミングになるとトイレに行き、岡村さんに奢らせるそうです。それをラジオで岡村さんに暴露されて逆ギレしてましたけどね(笑い)。ただ、2010年に岡村さんが休養した時には、誰よりも先に岡村さんの病気に気がついて、“病院に行った方がいい”とアドバイスしたのが大泉さんだったんです」(テレビ局関係者)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大泉洋 スープカレーの差し入れがしつこすぎてスタッフ辟易
ダウンタウン ナイナイ岡村のピンチ救うために共演オファー
岡村隆史「俺にもやらせろ!」 オッパで大興奮の夜現場報告

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP