ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エナジー系を脅かす強炭酸飲料 カルピス、メッツ、ペプシも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康志向の高まりとともに、無糖や果汁入りといった炭酸飲料市場が拡大していることは当サイトでも報じてきたが、夏に向けて新たに店頭を賑わせそうなのが“強め炭酸”の商品だ。

 通常よりも炭酸ガス圧を高めた新商品は、すでに昨年より続々と登場していた。

「カルピスソーダ」(カルピス)の派生商品でキレのある味わいを前面に打ち出した「カルピスソーダNEO」や、サントリー食品インターナショナルの主力ブランド「C.C.レモン」も飲み応えや刺激を強調した「C.C.レモン ゴールド」をシリーズに加えた。

 単に炭酸を強めただけではない新しい潮流も生まれている。カルピスソーダは2012年からビタミンB群、アルギニンなどを配合したエナジードリンク市場に参戦。また、CCレモンゴールドもレモン50個分のビタミンCとローヤルゼリーエキスが入っている。

 近年、人気が高まり続け、400億円市場になっているエナジードリンクの牙城をも切り崩そうという狙いが透けて見える。

 飲料総研の宮下和浩取締役が解説する。

「エナジードリンクのカテゴリーは『レッドブル・エナジードリンク』と『モンスターエナジー』の2大ブランドが強力すぎて太刀打ちできない状況が続いていますが、今年4月に大正製薬がリニューアルした『RAIZIN(ライジン)』のように、強力炭酸とショウガの“ガツンとくる辛口”が受けて大健闘している商品もあります。

 もともと炭酸飲料はポジティブな気分になりたいときに飲む人が多いため、エナジードリンクの需要と重なっています。知名度のあるブランドの派生商品として炭酸や元気成分を強めていけば、エナジードリンク人気に便乗することができるのです」

 そうした流れに乗り遅れまいと、メッツブランドで知られるキリンビバレッジも、豊富なビタミンCで栄養補給炭酸を謡う「キリンメッツ アルギニンVパワフルエナジー」を5月19日に発売したばかり。

 メッツはオレンジ、グレープ、ライチなど毎月のように新フレーバーを登場させているが、ネット上では「メッツ特有の炭酸が強くておいしい」と評判も上々だ。

また、前出のカルピスも爽快なキレ味にこだわったという「カルピスソーダ 大人のキレ味 グレープフルーツ」を追加し、ブランドのさらなる強化を図る。

 それにしても、1990年代には“ゴクゴクいけるコーラ”の触れ込みで話題となった「レイディオ」や、キリンの「シャッセ」、ダイドードリンコの「ミスティオ」など、微炭酸ブームが起きたこともあったが、なぜ一転して強炭酸ニーズが高まっているのだろうか。前出の宮下氏がいう。

「微炭酸飲料が流行っていた時代は、骨の成長によくないなど炭酸ガスに対するネガティブなイメージが社会的に蔓延していたからです。

 しかし、その後、炭酸はむしろ健康に良くダイエットや美容効果もあると言われ、カフェインなど成分の健康効果も報告されるようになったことで人気が復活しました」

 そして、いよいよコーラの最大のライバルであるペプシ(サントリー食品インターナショナル)も強炭酸の新ブランドで勝負をかける。6月16日に従来シリーズより多くカフェインを配合し、強めの炭酸に特徴を持たせた「ペプシ ストロング」を投入する予定だ。

 メガブランドがこぞって参戦する強炭酸飲料。今夏、消費者にもっとも強烈な刺激を与えられる商品は何か。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
エナジー飲料新参組は女性に照準 赤牛&怪物の牙城崩せるか
エナジー飲料ブームでも巨人「オロナミンC」の首位は揺るがず
市場急拡大のエナジードリンク 栄養ドリンクとは何が違うか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP