ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

起源から専門店に至る中で探る 「油そば」とはなんぞや?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

すでに日本の食文化を代表する国民食とも呼べる「ラーメン」ですが、みなさんはどんなラーメンが好きですか?

スープや麺、具材やトッピングの組み合わせで、全国各地に様々なラーメンがあると思います。

そんな誰もが知っている「ラーメン」ですが、その形態を大きく分けると「ラーメン」「つけ麺」「油そば」に分けられます。

しかし、何気に最後の「油そば」を知らない人も、少なくありません。

と、言う訳でニッチな記事こそ至高とする筆者は、あえてマイナーな「油そば」に挑んでみようと思います。

「油そば」とはなんぞや?

最近では「つけ麺」もメジャーになり、誰もが一度は食べた事があると思います。しかし「油そば」に関しては、食べた事がないどころか

「え? 油っぽい蕎麦なんじゃないの?」

ってくらいのレベルの知名度で、過去から現在に至ります。そもそもが「つけ麺」よりも歴史のある「油そば」が、ぱっと出た「つけ麺」よりも下なのは解せません。

ちなみに「油そば」とは、特製のタレにラーメンの麺を絡めて食べる、言うなれば「汁無しラーメン」的な何かです。

そんな微妙な立ち位置の「油そば」の歴史を解説しつつ、その素晴らしさを世間一般に広める勢いで綴ってみましょう。

武蔵野で生まれた「油そば」

「油そば」の起源については諸説ありますが、有力とされているのは亜細亜大学の近くにある『珍々亭』とされています。

まあ、言う程「油そば」に歴史がある訳でもないので、この説が正しいのではないでしょうか?

そして、武蔵野周辺に「油そば」は広まり、その後は全国にジワジワと広まりま…せんでした。

若干、札幌の『米風亭』などは

「学生時代に食べた油そばが忘れられなかった」

との事で、いつしか札幌で「油そば」の提供を始めましたが、全国的に見ると『米風亭』の例は特別で、他の地域で「油そば」が広まる気配は1㎜もありません。

「なぜなのか?」

恐らく「油そば」と言うオイリーなネーミングが、健康ブームに影響を受けた人達の食欲を、大幅に削いでいるのかと思われます。

と、言う訳で誕生したのが『ジャンクガレッジ』などの「まぜそば系」で御座います。

いや、どう見ても「まぜそば」(和えそば)の方が体によろしくない気がするのは筆者だけでしょうか?
明らかに「ジャンクフード世代」をターゲットにしているので、味付けやトッピングがジャンクジャンクしています。

また、有名メーカーからも何度かインスタントの「油そば」や、カップ麺の「油そば」も発売されたのですが、やはり定着せず「一発屋感」は否めませんでした。

「筆者的には結構好きだったのに… 何故なのか?」

そんな訳でして、あれやこれやと試行錯誤と迷走を繰り返しながらも、それなりに定着しているのが「油そば」と言う事です。

そんな「油そば」が横浜でも食べられると言う事で、筆者も油そば専門店『ぶらぶら』に行ってみました。

油そば専門店『ぶらぶら』の「油そば特盛り」を食す!

筆者が訪れた時はキャンペーン中だったらしく、なんと「特盛り」も普通盛りと同じ料金で食べられる模様!

と、なると筆者の選択肢はひとつです。

若干、基本の「油そば」の普通盛りで690円と、ややコストパフォーマンスに欠ける気がしないでも無いのですが、まあ特盛りなら690円でも有りか無しかと言われたら、有りかと存じます。

テーブルには各種調味料と「油そば」の食べ方を綴ったマニュアル的な何かがあります。

やはり「油そば」と言えば「酢」と「ラー油」は必須アイテムでしょうか?

『ぶらぶら』では、さらに「ニンニク」と「刻みタマネギ」もカウンターに用意されます。

若干、筆者の手元に現れた薬味用容器には、スプーン的な何かが無かったので、よしんば「刻みタマネギ」を欲したところで何も出来ないのですが、味の変化が期待出来るアイテムが豊富なのは良い事です。
(もしもスプーンが無い時は店員さんを呼びましょう)

「油そば」の食べ方

カウンターの上には初心者の為に「油そば」の食べ方を記したマニュアル的な何かがあります。

せっかくなので、マニュアル通りに食べる事にしてみます。

まずは、何もアレンジせずに良く混ぜて、そのまま食べる…と。

タレが少ないのか麺が多いのかは謎ですが、ちょっと切ない気分になった筆者です……。

まあ、こういう時の為にカウンターの上には「タレ」が用意されているので、さして問題ではないのですが、やはり「特盛り」にはタレも増量して頂きたいと、思わずにはいられません。

そして「油そば特盛り」と対峙する筆者……。

第一印象は「具が寂しい」的なイメージですが、これは各種の具材を食券で買う事で緩和されると思います。

やはりスープが無いので、ちょっと寂しい感じになってしまうのでしょうか?

「油そば」は意外と美味い!

グラフィック的に寂しいイメージ先行の「油そば」ですが、実際に食べてみると、コレはなかなか美味しゅう御座います。

そして、言うほど油っぽくない事が判明!

いや、これなら普通に「カップ焼きそば」の方がオイリーなんじゃないでしょうか? ちなみにマニュアルには

「ラーメンよりも油そばの方がカロリーが低い」

と書いてありました。確かに作る所を見ていたら、小さなレードルに油を1杯だけ丼に入れていました。

この程度の油であれば、確かに普通のラーメンよりもカロリーが低い予感です。

各種調味料で味を変えるべし!

そして「油そば」の一番の醍醐味は、各種調味料を使って自分の好みの味に変えられる事でしょうか?

確かに最近のラーメン屋さんも、調味料は豊富ですが「油そば」の方が自由度は高いです。

特に定番なのは「酢」ですね。むしろ、ほとんどの人がひとくち食べたら速攻で酢を入れると思います。
酢を入れる事で油っぽさが中和され、よりサッパリと食べる事が出来ます。

次に「ラー油」も欠かせません。当然、適度な辛さを加える事が出来ます。

さらに『ぶらぶら』では特製の「刻みニンニク」があるので、コレも少々加えてみましょう。
「刻みニンニク」は、かなり香りが強いので少量づつ入れる事を推奨します。

他にも色々な調味料があるので、まさに変幻自在の「油そば」が楽しめます。
食べている途中で味を変える事が出来るので、麺の量があっても飽きる事がありません。

『ぶらぶら』には「お湯割り用スープ」もある

しかも『ぶらぶら』には「お湯割り用 和風鶏スープ」がポットに用意されています。

これは「油そば」としては、決してスタンダードなアイテムではありませんが、最後の方にスープを加える事で「ラーメン的な何か」としても楽しめると言う神アイテムです。

若干、特盛りの場合は最初から「深刻なタレ飢饉」に陥っているので、ラーメン的な方向に持って行くのは難しいと思われますが、なんとなく筆者も使ってみました。

結果、こうなるよね~みたいな状態で御座います。

うっすらと鶏ガラっぽいスープ的な何かですが、卓上のタレを豪快に使わない限りは、とてもラーメン的な方向に向かうほどの濃度はありません。

しかし、逆に「お吸い物」みたいなモノとして楽しむには、いい感じの濃さになっています。

食後のスープとしてみたら、美味しいと思いますね。

「油そば」 総評

油そば専門店『ぶらぶら』で久しぶりに「油そば」を食べたのですが、なかなか美味しかったですね。

筆者が札幌の『米風亭』で食べたベーシックな「油そば」も個人的にはハマったのですが、『ぶらぶら』は色々と工夫されていて「油そば」の可能性を追い求める姿勢に好感が持てました。

若干、個人的なワガママと言うか欲求を言わせて頂くと

「油そばって、もっと安くならんの?」

と思ったりもします。いや、一番コストの掛かるスープの部分が無いんだから、確実にラーメンよりも安くなるとは思うんですよね。

まあ、ソレを言ったら「二郎系」の「汁無し」も安くしろって話になっちゃうんで、業界的にはそんなもんかなと思えなくもないのですが。

コストパフォーマンスうんぬんは置いておくとして、筆者的には「油そば」は美味しいと思うんですよね。

やはりネーミングのせいで流行らないのでしょうか?

いや、やはり味がイマイチなのでは無く、ただ「喰わず嫌い」の人が、まだまだ居る予感がします。

それでは、みなさんも一度は「油そば」を食べてみて下さい。ラーメンとは違った味わいがあるので、もしかしたらハマるかもですよ。

油そば専門店 ぶらぶら

住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-13 愛知屋ビル1F

営業時間:日~木 11:00~翌2:00
     金、土 11:00~翌3:00
定休日:年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP