ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus PlayerのOS用ストレージをUSBストレージに変更して増やすハック方法が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nexus Player のシステムパーティションを USB-OTG ケーブルで接続したストレージの分だけ拡張するハック方法が公開されました。Nexus Player の内蔵ストレージ容量は、仕様上は 8GB で、実質的には 5.8GB 前後です。この容量だと、高画質な動画を数本転送しただけで、容量が一杯になってしまい、アプリを追加できなくなります。今回のハック方法は、USB-OTG ケーブルで接続した SSD や HDD を起動時に /data パーティションにマウントするように改変したものです。TWRP のダウンロードサイトでは、「data2usb-5.1.1-fugu.img」という改変版 boot.img が配布されており、これを Nexus Player 標準のものと書き換えることで、拡張できます。上図の例だと、64GB の SSD を接続した場合、約 59GB が内蔵ストレージとして認識されています。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
OPPO Martに「Nubia Z9 Max」が入荷した模様
Sling TVがAndroid TVに対応
HOYAの液晶保護ガラスパネル「Z’us-G 0.3mm薄型モデル」をiPhone 6で試す

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。