ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春から夏にかけての「不明熱」 昆虫による感染症の疑いあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 暑さを迎える季節は、蚊やダニなどの昆虫が活発に活動を開始する。そこで心配されるのが昆虫による感染症だ。昨年、代々木公園を中心に流行したデング熱は、ヒトスジシマカの徹底駆除と季節性要因により終息した。

 しかし、日本を訪れる外国人旅行者が1340万人を突破し、なかでも中国人の渡航者が急増中だ。昨年末、中国の広州でデング熱が大流行し、現地の累計患者数が前年の10倍の4万7000人を超えた。今後も輸入感染症として、荷物などにまぎれてヒトスジシマカが再入国する可能性も否定できない。

 感染症に詳しい丸の内トラストタワークリニック(東京都千代田区)の濱本恒男(はまもとつねお)院長に話を聞いた。

「デング熱は今のところ、簡便な診断方法がありません。蚊に刺されてから3~7日で発症し、高熱や頭痛、関節痛などが起こり、出血熱に進行すると死亡することもあります。ヒトスジシマカは、もともと東南アジアに生息する蚊ですが、日本の夏の気温が高くなり、青森県まで生息が確認されているため、今年も流行の可能性は否定できません。アウトドアでは、ディート(虫よけ化合物)が配合されている虫よけ剤の使用など、対策が欠かせません」

 この4月には、マダニに噛まれた香川県の男性が、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)で死亡した。マダニはウイルスや細菌、リケッチアなどの病原体を媒介する。6~7月にかけて活動が活発になり、野山の木や葉に付着し、人間の肌を刺す。マダニが媒介するSFTSの潜伏期間は1~2週間で、発熱や下痢、おう吐が起こる。不明熱が起こったら、ダニの刺し傷がないか探すことが大切だ。

 治療はテトラサイクリン系の抗生物質が有効だが、SFTSの致死率は約3割と高いため、早期治療が重要だ。

 マダニが媒介する病気で、つつが虫病がある。つつが虫の幼虫に吸着されて発症する。身体がだるく40℃近い高熱が起こり、4~5日目には身体に赤褐色の発疹が現われる。早期治療で回復するが、重症化すると脳炎のような症状が起こり、死に至ることもある。かつては山形、秋田、新潟地方の風土病といわれていたが、現在は沖縄と北海道を除き全国に広がっている。

「腸チフスや赤痢など、日本ではあまり見かけなくなった感染症の方も増えています。東南アジアへの旅行で生モノを食べたり、あるいは海外からの保菌者が来日して、日本人が感染し、発症したりと感染ルートは様々です。高熱を市販の解熱剤で治療すると悪化することもあり、勝手な判断は危険です」(濱本院長)

 発熱は体内の異常を知らせるシグナルで、がんや膠原病(こうげんびょう)などでも発熱が起こる。怖い病気が潜んでいることもあるので、不明熱は早めの受診が欠かせない。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マダニ 噛まれても痛み感じず自覚なくウイルス感染で薬なし
デング熱より怖い感染症 SFTSは死亡率3割、MERSは致死率6割
急増する原因不明「不明熱」 ストレスによる心因性発熱と判明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP