ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野茂・伊良部・斎藤隆・ダル・上原 MLBが震撼の興奮シーン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1995年、野茂英雄がアメリカ・MLBで鮮烈デビューを飾ってから今年で20年。日本人MLB選手による記憶に残る名シーン(投手編)を振り返ってみよう。

●野茂英雄「2度のノーヒットノーラン」
(1996年9月17日・ドジャース在籍のロッキーズ戦=クアーズフィールド、2001年4月4日・レッドソックス在籍のオリオールズ戦=キャマデンヤーズ)

 両リーグでのノーヒッターは史上4人目(当時。現在は5人達成)。1度目は海抜1600メートルの「最も打球が飛ぶ球場」、しかも雨で試合開始が2時間遅れという悪条件。2度目も球場の電気系統故障で43分遅れの開始だった。この男は逆境に強い。

●伊良部秀輝「和製ノーラン・ライアンの鮮烈デビュー」
(1997年7月10日・ヤンキース在籍のタイガース戦=ヤンキースタジアム)

 ニューヨークは「和製ライアン」に大フィーバー。デビュー試合には約5万6000人が詰めかけた。伊良部は大歓声に臆することなく剛速球、フォーク、スライダーを巧みに投げ分け6回3分の2を2失点・9三振で初登板初勝利を飾った。

●斎藤隆「マイナー契約から胴上げ投手へ」
(2006年9月30日・ドジャース在籍のジャイアンツ戦=AT&Tパーク)

 マイナー契約で開幕はトリプルAスタート。しかしストッパー、エリック・ガニエの故障などでメジャー昇格、クローザーに抜擢される。ポストシーズン進出を決める161試合目もマウンドを託され、リードを守った。この年24セーブ。

●ダルビッシュ有「完全試合まであと1人」
(2013年4月3日・レンジャーズ在籍のアストロズ戦=ミニッツメイド・パーク)

 この日は速球、変化球ともに絶好調で自己最多の奪三振14。しかし9回2死、ア軍の9番打者の打球は無情にもダルビッシュの脚の間を抜けた。歓喜の瞬間はならなかったが、マウンドを降りる姿に、球場はスタンディングオベーションに包まれた。

●上原浩治「ワールドシリーズ胴上げ投手」
(2013年10月31日・レッドソックス在籍のカージナルス戦=フェンウェイ・パークでのワールドシリーズ第6戦)

 ポストシーズンでは痺れる場面で何度も完璧な救援を見せてきた上原。この日も9回を三者凡退に抑え日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手に。伝家の宝刀・スプリットが冴えに冴えた。前日は抜群の一塁牽制でピンチを切り抜けている。

※週刊ポスト2015年5月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
MLBの日本人最多登板 1位は長谷川滋利、2位斎藤隆、3位野茂
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介
【ゴルフ名勝負】N.ファルド対G.ノーマン マスターズの死闘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。