ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミュージカル『アラジン』 ディズニー作品の中でも大人向け

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま、ミュージカルが熱い! 渡辺謙、吉田鋼太郎などベテラン俳優もあえて初挑戦を決めたミュージカルとはなんなのか? 芝居、音楽、ダンス、すべてを絶妙にマッチングされたミュージカルの舞台の魅力に迫る。

「ポーン、ポン、ポンポン…ここ、このタイミングで目線を上げたほうがいい」

 ステップを口ずさみながら、目線や頭の角度までミリ単位で修正したかと思うと、「互いに目を合わせたりして、もっと喜びを爆発させるのはどうかな」と、一番奥の端で踊るアンサンブルに演技指導。開幕1か月を切ったこの日、ブロードウェイのスタッフは、舞台の隅々まで目を光らせた。

 ディズニーと劇団四季がタッグを組んで20年。『アラジン』は、過去のディズニー作品とは一線を画すという。

「『アラジン』以前のディズニーアニメーションのプリンセスは、夢は持っているけど、どこか受け身の女性でした。でも、ジャスミンはとても自立心旺盛な女性。現代の女性とも共通点が多いんです」(ジャスミン役の岡本瑞恵)

 昨年、世界中で大ヒットした『アナと雪の女王』は男性に媚びない、自立した姉妹の物語だった。この『アラジン』もまた、世の女性の心をつかむに違いない。「大人の女性のかたこそきっとお楽しみいただけるはず」と俳優陣は口を揃える。

「アニメーション版のジャスミンとアラジンはどこか幼さがありましたが、舞台版のジャスミンは男のあしらい方も知っている大人の女性で、アラジンは精悍さや色気も備えている。ディズニー作品のなかでもとくに大人向けに作られていると思います」(アラジン役の島村幸大)

「ジャスミンとアラジンの恋愛や、ジャスミンと父、アラジンと母の親子愛。それにジーニーとアラジンの友愛。とても愛にあふれている物語だと理解しています。だからたくさん笑っても、最後はほろっとなる。共感ポイントが多いはずです」(ジーニー役の瀧山久志)

 もうひとりのジーニー役・道口瑞之は、クリエイティブスタッフとしてブロードウェイに視察に行き、台本作りから関わってきた。

「この作品を劇団四季で上演しようと皆で決めたのは、今までの劇団四季のカラーと異なるから。“はみ出た”作品だからこそ、客層も広がるでしょうし、俳優もスタッフも実力がつくと思うんです。劇団四季にとって、 ジーニーが“ニイチャン”とか“マブダチ”なんてくだけた言い回しをすることも、画期的なんですよ。これまで劇団四季ファンだったかたは驚くかもしれませ ん(笑い)」(道口)

 ブロードウェイと異なる日本版の演出や、稽古場でも見せてもらえなかったしかけも本番で披露される。やっぱり生で見ないと!です。

【ディズニーミュージカル『アラジン』】
東京公演 5月24日開幕
場所:電通四季劇場[海](東京・汐留)

※女性セブン2015年6月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ディズニーランド アニメがメインコンセプトではないのだ
ディズニーシーの配慮とオススメ食事方法をディズニー通解説
株主優待 TDRのパスポートやカラオケの5000円分利用券も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP