ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大泉洋 スープカレーの差し入れがしつこすぎてスタッフ辟易

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前作『マッサン』には及ばないものの好調を続けるNHKの朝ドラ『まれ』。舞台は能登から横浜に移り、出番こそ少なくなったものの、やはり主人公の父・津村徹役を務める大泉洋(42)の存在感は圧倒的だ。

 そんな大泉が現場に頻繁に差し入れしているのが、自身がプロデュースする地元・北海道の本格的スープカレー。共演者やスタッフに食べさせては「どう?」と味の感想を聞いて回っているという。

 ちなみに、このスープカレーは大泉の鉄板の差し入れで、他のドラマや映画の現場にもよく差し入れしているようだ。もちろん好評なのだが、以前、こんなことが…。

 ドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)に出演した際、あまりに頻繁すぎて共演者やスタッフから飽きられたこともあったそうだ。

 しかも、その噂を聞きつけた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)スタッフにハメられて、番組内でカレーの代わりに120万円のマグロを買わされた大泉だった(苦笑)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大泉洋 『まれ』撮影現場の差し入れはいつもスープカレー
杏と東出「お騒がせしてすみません」と言うも交際否定せず
綾瀬はるかが福士蒼汰に飛び蹴り 笑い絶えぬドラマ撮影現場

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP