ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「また会いたい」と思われる人の会話の特徴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一流の人の話し方/川北義則 著/1404円(税込)/アスコム 刊
いつも周りに友だちがいっぱいいる人が、うらやましい。
そう思うこと、ありませんか?

みんなに好かれる人・「また会いたい」と思われる人の特徴って、何なのでしょうか。

そのヒントが、書籍『一流の人の話し方』にあります。
テレビを見ていれば「私、このタレント大嫌い」、街を歩いていれば「なに?あの女のファッション、最低!」などと、こちらが頼んでもいない、尋ねてもいないのにそういうことをいってくる。一緒にいると、なんだかこちらの気分も悪くなってくる。人の好みだから勝手だが、いちいち口に出してほしくない。(中略)
「嫌い」という言葉はいったん留保することだ。
P.27

「嫌い」の話をされると、なんとなく気分が悪くなりますね。
逆に、みんなに好かれる人・「また会いたい」と思われる人は、「嫌い」の話をしないのです。

あなたはツイッターで、
「バイト先の店長がウザい!」
「あの店のラーメン、不味いんだけど!」

などとつぶやいたこと、ありませんか?

それを読んだ人は、もっとあなたの話を聞きたいと思うでしょうか?


あるいは、友だちとの会話で、
「あの曲、嫌い〜」
「このお笑い芸人、なんかつまんない」

なんて言っていませんか?

それを聞いた友だちは、あなたを好きになりますか?

もしかしたらあなたのそんな発言が、友だちを遠ざけているかもしれません。
今日から、「嫌い」の話をやめてみませんか?

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:ホラノコウスケ 企画:ガジェット通信
■参考■
『一流の人の話し方』川北義則 著
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4776207095/

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP