ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新山詩織、最新アルバム『ハローグッバイ』全曲試聴スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月17日に発売となる新山詩織の最新アルバム『ハローグッバイ』。その収録楽曲が決定し、オフィシャルサイトで全曲試聴が開始された。

今作は昨年末年始のメディア露出で話題となったシングル「絶対」、卒業ソングとしてこの春にラジオ、USENを始め様々な場所でOAされた「ありがとう」など全12曲を収録。短編映画「寄り添う」の主題歌であった「分かってるよ」をバンドサウンドにリアレンジした「分かってるよ Band ver.」、同映画の劇中歌で使用され、ファンの間ではリリースが熱望されていた「きらきら」なども収録される。

約1年3ヶ月ぶりのアルバムは、サウンド面では前作からさらにバラエティ豊かに、そして新たな試みも行っており、聴きドコロが満載。歌詞の面では、前作(1stアルバム『しおり』)は自身の孤独や葛藤が中心となっていたが、今作では自身の成長と共に“誰か”がいる風景、“誰か”に伝えたい思いが作品の要所要所に見えるのが印象的だ。

雄大なメロディーにのせ、ここから歩み出すという決意をも感じさせるオープニングナンバー「Winding Road」から始まり、アッパーなサウンドに親友への思いを描いた「Dear Friend」、恋愛をテーマに少し大人っぽい一面が垣間見える「好きなのに」など広がっていく彼女の世界観を実感。自身の作詞作曲で新しいメロディーメイクを感じる「気まぐれ」や、音楽プロデューサーの笹路正徳氏が作曲した「しおりのR&R」ではタイトルの通り、クラシックなロックンロールサウンドに歌詞も歌い方も今までにない遊び心を取り入れたりと、幅広いサウンドが楽しめるアルバムとなった。そしてアルバムの最後は、新たなステージに向かっていくこと、進みだしていくことの決意を歌う今作「ハローグッバイ」のキーとなる楽曲「Hello」で締めくくられる。10代の新山詩織だからこその観点と表現で作り上げられた楽曲が詰まった1枚となった。リリース前に、オフィシャルサイトの全曲試聴(ショートver)でまずはチェックしよう。

また新山詩織のオフィシャル無料会員制サイト「新山詩織 my place & your place」では、アルバム収録楽曲の中から「Dear Friend」、「きらきら」、「Hello」の3 曲のフル尺音源が期間限定(5月26日 22:00〜5月31日 23:59)で先行試聴出来る。さらに、5月26日にOAされるFM NACK5「The Nutty Radio Show おに魂」内の番組コーナー「新山詩織のふたりごと」でアルバム楽曲から「Hello」を先行OAする。

7月にはアルバム『ハローグッバイ』を引っさげてワンマンライヴツアーも決定している新山詩織。デビュー以来走り続けている彼女が10代最後の年となる今年届ける最新作。どんな作品となっているのか…アルバムの発売が待ち遠しい。

アルバム『ハローグッバイ』
2015年6月17日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCZ-9016/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
JBCZ-9017/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Winding Road
02.sunny day
03.絶対
04.Dear friend
05.好きなのに
06.気まぐれ
07.きらきら
08.分かってるよ Band ver.
09.しおりのR&R
10.ありがとう
11.フィルム
12.Hello
■DVD ※初回限定盤のみ
・「絶対」「ありがとう」ミュージックビデオ+メイキング映像
・ライヴ映像3曲
「絶対」「深夜高速」「Looking to the sky」
2014.11.15 guitar girls recommend powered by M-ON!@Zepp DiverCity

◎アルバム収録楽曲の中から「Dear Friend」、「きらきら」、「Hello」の3 曲を期間限定(5月26日 22:00〜5月31日 23:59)でフル尺音源を先行試聴!
※試聴するには会員登録が必要です。
■新山詩織 無料会員制サイト「新山詩織 my place & your place」
http://niiyama-shiori.com/member/auth/login

新山詩織 2ndライブツアー「ハローグッバイ」
7月11日(土) 大阪 umedaAKASO
7月12日(日) 名古屋 HeartLand STUDIO
7月18日(土) 東京 LIQUIDROOM

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
新山詩織 オフィシャルHP
新山詩織、6月17日に新アルバム『ハローグッバイ』リリース決定

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP