ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のメキシコ料理をもっとヘルシーに。超簡単「アボカド・ケサディーヤ」レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベジタリアンのKaitlin氏が、オリジナルのレシピで野菜の魅力を伝えるブログ「The Garden Grazer」。色鮮やかで見た目にもオシャレなレシピがたくさん。

なかでも、彼女がとくにオススメしているのは、メキシコのファストフード、ケサディーヤをアレンジした「アボカド・ケサディーヤ」です。チーズをトルティーヤに挟んだ言わばメキシコのサンドイッチも、彼女の手にかかればベジ料理に大変身!

潰したアボカドは
チーズ以上の美味しさ

じつは私はアボカドが大の苦手だったんです。本当にそれは、時間をムダでした。今ではそれが嘘だったかのように、この果実に夢中になっています!
クリーミーで甘美な味わい…アボカドなしの人生なんて考えられないくらいです。

私がメキシコ料理が好きな理由も、やっぱりアボカド好きから来ているところがあって、この「ケサディーヤ」もたっぷりアボカドを使っています。ベジタリアンになって大好きなチーズを諦めた後も、ケサディーヤが恋しくて、チーズの代用品を探してたんだけど、ふと、クリーミーでコクのあるアボカドを使えばいいかもって思いついたの。

結果は大当たり。チーズでつくるより断然ヘルシーだし、こっちの方が「野菜好き」にはピッタリ! トルティーヤに加える野菜やスパイスも、好きなようにアレンジできるし、バリエーションも豊富だからつくっていても楽しいはず。

もちろん、いつものケサディーヤにアボカドを加えるだけでもOK。でも、一度このレシピを試したら、あなただって「チーズは要らないかも」って思うはず。いちいち切り分けなくたって、クレープみたいに丸めるだけ。病みつきなること間違いなし。

※画像は「アボカド・ケサディーヤ」イメージです。Kaitlin氏のレシピの分量とは異なります。

<材料>トルティーヤ1枚分
トルティーヤ(大きめサイズ):1枚
アボカド: 1/2個(お好みでもっと入れてもOK)
プチトマト:6個(さいの目切り)
玉ねぎ:適量(みじん切り)
塩:適量
スモークパプリカ:適量
ガーリックパウダー:適量
クミンパウダー:適量
サルサソース:お好みで

<作り方>
①トルティーヤを広げて、面の半分に8分ほど潰したアボカドを塗り、刻んだトマトと玉ねぎ、塩やお好みのスパイス、サルサソースを載せる。
②塩やお好みのスパイスなどを振る。
③半分に折り曲げ、フライパンで両面をうっすら焦げ目ができるまで数分温める。

ポイントはアボカドを潰しすぎないこと。少し形状が残るくらい、口の中に入れたときにアボカドの存在が分かる、8分くらいの潰し方がベターです。
お好みでコリアンダーやわけぎなど葉野菜を入れても◎。サルサソースを加えると美味しさが一層UPします。でも、食べる時にこぼれてしまいがちなので、別容器から食べる直前に載せるのがおススメ。

とろ〜りチーズもメキシコ料理の魅力だけど、それを補うアボカドの包容力、こっちも美味しそう。アボカドに代えるだけで美容にも健康にもうれしい効果が期待できますよ。

Licensed material used with permission by the garden grazer

関連記事リンク(外部サイト)

簡単でヘルシーしかも、原始的!?アボカドで作る「カプレーゼ・サラダ」
【アメリカ発】斬新すぎる組み合わせ。オレオにベーコンを巻くと・・・めちゃ美味らしい!
【信じられる?】若さと健康を保つカギは自分の食べたいものを食べること。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP