ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダンスキレッキレの美人アナ メ~テレ徳重杏奈アナに大注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、踊れる美人アナ、メ~テレの徳重杏奈アナにクローズアップ。

 * * *
 各局のアナウンサー試験を共に回り、最終面接まで一緒だったのに、在京局が採用するのはその中の1~2名。あとの多くは、いきなりフリーになるか、地方局のアナウンサーになるかなのだが、その争いは、実力でもルックスでも、本当に“紙一重”なのである。

 中には、東京の大学を卒業していても、出身地の地方テレビ局を第一希望にする者もけっこう多く、そういうタイプの女子アナは、入社直後から地元の大スターになれる場合が多い。「東京に行かず、地元を大事にしている」というだけで、きっと好感度の高さにつながるのだろう。

 そんな中、東京出身で、東京の大学を卒業していても、在京局ではなく地方局に採用される人もいる。

 私が毎週出演しているメ~テレ『ドデスカ!』でMCを務めている入社4年目の徳重杏奈アナもその一人だ。

 88年4月生まれの27才。慶應義塾女子高等学校を経て同大学法学部政治学科を卒業。この経歴だけ見ても、“東京のお嬢さま”だったことがわかろう。

 身長164センチと長身で、目が大きくて、目立つルックス。スタジオや報道現場ではポニーテールにしているが、グルメ取材やトレンド取材では、髪をおろし、ロングヘアをなびかせている。

 そのように華やかなタイプだから、大学時代は、ミス慶応コンテスト最終候補になったそうだし、BSフジ第17期女子大生キャスターも務めていたそうだ。

 在京局のアナウンサー試験でも、ミス慶応でも、“あと一歩”のところでトップにはなれなかった? いやいや、そんな徳重杏奈アナが大ブレイクしそうな予感なのである。

 実は徳重アナ、今年1月の『パネルクイズ アタック25』(朝日放送制作・テレビ朝日系)恒例「新春女性アナウンサー大会」で、テレビ朝日の山本雪乃アナとコンビを組んで出場し、見事優勝している。

 と言っても、答えていたのは9割以上、徳重アナ。山本アナがあまりにも何も答えられないので、徳重アナが耳打ちし、何問か山本アナに答えさせてあげている場面もあった。

 さすがは平日の月~金まで生ワイドのMCを担当しているだけあって、徳重アナは時事ネタからスポーツ、芸能までコンスタントに正解を重ね、最後の海外旅行チャレンジクイズでも山本アナは終始キョトンとしていたが(苦笑)、徳重アナはしっかり正解。地中海クルーズをゲットしてきた。

 さらに、ネットで「徳重杏奈」と検索すると共に出て来るのが「岩田剛典」の名前だ。そう、いま若い女性のあいだで最も人気があると言ってもいい三代目J Soul Brothersの「ガンちゃん」こと岩田剛典だ。

 ネットでこうして男女の名前が並べてあると、たいてい過去に交際していたとか、現在、交際のウワサがあるということなのだが、二人に交際の事実は一切ない。それがどうして並んで出て来るかというと、二人は慶応義塾大学時代、同じダンスサークルに所属していたのである。

 ちなみに、ガンちゃんこと岩田剛典は、慶応義塾普通部(中学)→慶応義塾大学高等学校(男子校)→慶応義塾大学とエスカレーター式に進んだ、これまたお坊ちゃま。実家は、かつて高岡早紀がCMをしていたことでも有名な高級靴ブランド『madras』 (マドラス)なのだ。

 その『madras』の本社は名古屋。徳重アナがメ~テレ(名古屋テレビ)に入社していることで、またもや「彼女?」とウワサされたが、まったくの偶然。岩田のコンサート後、楽屋を訪ねて撮ったツーショット写真を公開されたとしても、いまではファンも「無関係」だと知っている。

 実は徳重アナ。自身のダンスの腕前を『ドデスカ!』でも披露しているのである。番組内で、東海3県(愛知・岐阜・三重)の各地を回り、応募してきた視聴者らが踊るダンス中継「踊ろう!ウルフィ~ズ」で模範ダンスをしていたのが彼女。

 ウルフィとは、オオカミに羊のかぶりものをさせたメ~テレのマスコット。そのウルフィが中継先で視聴者の皆さんと踊りまくるのだ。

 徳重アナはスタジオに居て模範ダンスを踊る役で、その様子は“全身ワイプ”として、中継中、テレビ画面の右下に毎回映し出されている。徳重アナが朝の番組には似つかわしくないキレッキレのダンスを踊る数分間は、マニアのあいだでは堪えられないひとときだったのである。

 徳重アナはそのときのために、いつもローヒールの靴を自前で用意する入れ込みようで、当然、スタイリストさんも、彼女が踊りやすいような衣装を準備していた。

 メ~テレのアナウンサーは、いま大半がウルフィダンスを踊れるのだが、やはりチアリーダーでもあり、ガンちゃんと同じダンススクールに入っていただけあって、徳重アナのダンスは素人が見ても「タダモノじゃない」とわかる内容。手脚の長い彼女が全身を使って踊る様は、本当に見応えがあった。

 残念ながら、いまはウルフィが画面右下で模範ダンスを踊っているのだが、徳重アナは、『ドデスカ!』のゲストにやってきたアーティストやタレントがウルフィダンスをするとき模範演技をしてくれる。

 先日、徳重アナのダンスを間近に見たジャニーズWESTの桐山照史、小瀧望、濱田崇裕くんらも、そのダンスのうまさにおおいに驚いていた。ジャニーズに認められたら、それは本物だろう。

 アナウンサーとして、ニュースの読みも新人時代から落ち着いていたし、名古屋のトレンドスポットに取材に出てレポートする「特ちゃんのでらトレンディ」でも、自然体であっけらかんとしたキャラクターの中にも、しっかりしているコメントに定評がある。

 メ~テレも、この夏は彼女の売り出しを本気で考えているようだ。「踊れる美人アナ」徳重杏奈の名前、覚えておいて損はない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
草野仁氏 思い出の女子アナは野際陽子さんと下重暁子さん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP