ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高須院長 カジノで大勝ちし、即金で送迎車のロールス購入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、ここ数年何度も話題になっているカジノの合法化についてうかがいました。

 * * *
──ここ数年、国会ではいわゆる「カジノ法案」がしばしば議論されています。昨年の衆議院解散で一旦廃案になっていますが、4月の国会で法案が再提出されました。しかし、成立の見通しは立っていない状態です。

高須:カジノを解禁するも何も、パチンコの売り上げはラスベガスの売り上げよりも多いんでしょ? 日本はもう立派なギャンブル大国だよね。宝くじだってあるしね。

──たしかに、売り上げの額だけを考えれば、宝くじなどは国民的ギャンブルといえるかもしれないですね。

高須:しかも宝くじはテラ銭が50%以上なんだよね。ヤクザの賭場のテラ銭が5%くらいなんだから、本当にボロ儲け。ヤクザ映画なんか見てると、賭場がすごく怖くて悪いものみたいに描かれてるけど、テラ銭5%だよ。「そんなに悪いことなの?」って思っちゃう(笑い)。遊びにきているのも、なんだか気の弱そうなお金持ちも多いし、お金がなくなったら胴元が貸してくれるし、意外と良心的なんじゃないの、ってね。

──なるほど。

高須:パチンコはグレーゾーンだからとりあえず置いといて、今の日本は公営ギャンブルはOKだけど、民間のギャンブルはNGっていう状況でしょ。それはちょっとおかしいのかも。言ってみれば、お上ばっかりがオイしいところを持っていってるわけでしょ。民間企業でも“健全なギャンブル業”として届け出て、認可が下りれば、賭博をしていいっていう風にしてもいいと思うよ。まあそれがカジノ解禁ってことなんだけどね。

──国や自治体などが独占していたカジノ利権を民間に解放すべきだということですね。

高須:そうそう。というよりも、パチンコもあるわけだから、事実上賭博は解禁されていることと同じだと思うんだよ。だから、刑法上の問題とかそういうのもあるけど、パチンコみたいに運用でどうにかなる問題なんじゃないか、とも思うね。

──ちなみに、高須院長は海外に行かれたときにカジノで遊ぶことはあるんですか?

高須:40年近く昔、マカオの友達に会いに行ったときなんかは、特にやることもないからカジノで遊ぶんだけど、けっこう儲かっちゃうんだよ。

──そんな簡単に!?

高須:いや、本当に。僕は細かく賭けたりなんかしないもん。ルーレットとか大小とかをやるんだけど、1回そのとき持っている全財産を賭けて、当たっても外れても終わり、みたいな賭け方だからね。ルーレットでは赤か黒かに全財産を賭ける。

──まさにギャンブラーですね。

高須:結局丁半博打がいちばん効率いいからね。で、あるときけっこう儲かったんだけど、そのころはマカオドルを日本円に替えられなかったんだよ。

──勝ったお金はどうしたんですか?

高須:ちょうどカジノからホテルに帰る送迎用の車が、ロールスロイスのシルバーシャドウだったんだけど、「この車、いいなあ」なんて話していてね。それで「売ってもいいですよ」って言われたから、「この現金でどうだ?」ってカジノで儲けたお金を見せたら、そこで売買が成立しちゃった。

──すごい話ですね!

高須:ただ、シッピングするのに200万円くらいかかって、車検を通すのにも300万円くらいかかって大変だったけどね。たしか車体だけだと現金500万円くらいだったんだけど、結局払ったのは1000万円くらいかな。当時、正規で買ったら2000万円くらいの車だったと思うから、その時点では悪い買い物ではなかった。

──「その時点では」というと?

高須:日本に運んできて受け取るときに、ぼくの秘書が運転したんだけど、いきなりぶつけちゃって、そこでまた修理代が何百万円もかかっちゃった。

──それはまた災難ですね。

高須:それで日本で初めてガソリン入れようしたんだけど、どこに入れていいのかわかんないんだよ。ガソリンスタンドで困ってたら、タクシーの運転手さんが来て、「ここに入れるんですよ」って教えてくれたの。日本に輸入されてないタイプの車だったから、なんでそんなこと知ってるんだろうって疑問に思ってたら、その運転手さんが「今はこんな感じですが、実はロールスロイスに乗っていた社長だったんですよ」って言ったの。

──おお、すごい偶然ですね。

高須:「あっ昔乗ってた車がある」って懐かしんで見てたんだって。そしたらガソリンを入れられなくて困ってたから、見るに見かねて助けてくれたんだよ。あのときは、助かったね。でも、その後も故障が多くて困ったよ。もともとマカオの海岸沿いを走ってたから、潮でやられちゃってたみたいで。もう、保持するのも大変だから、そのロールスロイスを頭金にして、リンカーン・コンチネンタルに買い換えようと思って、査定してもらったら100万円にしかならないって言われてね。いやあショックだった。最終的には、全然お得な買い物にはならなかった…。まあ、カジノで儲けたあぶく銭で買った車だったから、仕方なかったのかもしれないけどね。

 * * *
 カジノ解禁そのものには特に異論がないと思われる高須院長だが、それよりもその生粋のギャンブラーっぷりには驚かされるばかり。そして、即金でロールスロイスを購入してしまうというのもスケールの大きさを感じざるを得ないが、結局お得な買い物にはならなかったということは、やはり「金は天下の回りもの」ということなのだろうか。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

 昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)など。最新刊は『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
闇カジノ27歳女ディーラー 月収300万円から35万円に激減
米大手金融機関 2020年に日本が世界2位のカジノ国になると予測
日本のカジノ「入場料1万円ぐらいと想定」とカジノ専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。