ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピザ好きなら知っている、本当にウマイピザは薄くない!分厚いシカゴピザを食べてみた。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ピザといえば、世界で最も親しまれているグルメの1つ。イタリアを起源とするグルメだが、ヨーロッパでも、アフリカでも、アメリカでも、毎日楽しまれているのがピザだ。

日本でも様々なピザを食べる事ができるのだが、あまり知られていないのが今回ご紹介する「シカゴ・ピザ」だ。

シカゴ・ピザというだけあって、このピザはシカゴで生まれた絶品のピザ。

実はシカゴ・ピザの歴史は古く、1943年にさかのぼる。1943年といえば、第二次世界大戦が終結する2年ほど前の年。

激しい戦争の歴史が進むと同時に、シカゴの「ウノ」というピザレストランでシカゴビザは誕生した。

誕生するとその絶品のウマさゆえ一躍で有名となり、現在では、アメリカにおいてイタリアンピザやアメリカンピザに並ぶ人気ピザとして認知されているのだ。

今回は絶品のシカゴピザをお店オリジナルの生地で提供してくれる、東京・神田の「DEVIL CRAFT(デビル・クラフト)」をご紹介したい。

・分厚いエッジ
シカゴピザの特徴はなんといってもピザ生地のエッジの高さ。あまりに分厚いことから「ディープ・ディッシュ・ピザ」とも呼ばれている。このエッジの高いピザ生地だからこそ、具をたっぷりと詰め込んだシカゴピザができあがるのだ。

・たっぷりの具とピザ生地のハーモニー
こちらのお店のシカゴピザは、自家製のピザ生地をつかった絶品のピザ。たっぷりの具とチーズの上に、濃厚な自家製トマトソースが載ったボリューム満点のピザ。香ばしく焼き上がったピザ生地とたっぷりの具のハーモニーは何度でも食べたくなるほどのヤミツキの味わいなのだ。

・日本ではなかなか食べられない訳
実はこのシカゴピザ、激ウマなのに日本ではあまりお目にかかれないピザ。その理由は分厚いエッジに理由がある。通常のピザよりもたくさんの具をたっぷりと詰め込んで焼き上げるため、長い時間をかけて焼く必要がある。手間ひまがかかるうえに、待ち時間も長い。そうなると、ピザ屋としては効率が悪いため、なかなか日本ではお目にかかれないのだ。

・時間がかかるので早めに頼んでおきたい
分厚いエッジゆえ、焼き上がるまでに時間がかかってしまうのが、このピザの良いところでもあり、悪いところでもある。そのため、シカゴピザはお店に着いたらすぐに注文しておきたい。そうすることによって、この店の絶品クラフトビールと一緒にタイミングよく、最高のシカゴピザを楽しめるのだ。

・激ウマなクラフトビールで乾杯
実はこちらのお店、おいしいクラフトビールが飲めるお店としても有名な場所。絶品のクラフトビールと最高のシカゴピザを合わせれば……もはや説明不要の至福の時が訪れること間違いなしなのだ。

東京・神田。なかなか馴染みが無い方も多くいらっしゃる場所かもしれないが、奥深い神田の懐にもぐりこんで、絶品のクラフトビールと最高のシカゴピザを楽しんでみてはいかがだろうか?

きっとこの夏の暑さを乗り切る、最高のビールを味わえる場所の1つにちがいない。

お店 デビルクラフト
住所 東京都中央区日本橋室町4-2-3 石川ビル 1~3F
営業時間
月~金曜日: 17:00~23:00
土曜日: 15:00~23:00
日・祝日: 15:00~21:30
お店のホームページ: http://www.devilcraft.jp/













カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP