ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とくダネ!「感動CM特集」に出演者どっちらけ ネットは「人としてどうなんだろう」と反発

DATE:
  • ガジェット通信を≫
とくダネ!「感動CM特集」に出演者どっちらけ ネットは「人としてどうなんだろう」と反発

朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)が5月21日、「感動CM」を特集していました。企業のイメージアップを図るため、涙を誘うドラマ仕立てのCMが多く作られているという主旨のVTRでしたが、出演者の反応がネット上で物議を醸していました。

感動CMの多くは「お母さんは家族の誰よりも早く起きて料理をする」というように、家族の絆を意識した内容。最後に流れた九州の醤油会社ニビシのCMは「サッカー留学中の息子のもとに、母親がサプライズ訪問して手料理をつくる」というものでした。
宋美玄さん「母親、料理、自己犠牲! ムリー!」

このCMは評判を呼び、同じ映像で母、息子それぞれからの気持ちを語ったバージョンが作られ、中学の道徳の授業に使いたいとの申し出まであったそうです。ネットでは、放送中から好評でした。

「テレビでやってた感動CM集で普通に泣いたよねw」
「感動CMを見て朝から涙腺崩壊」

ところがCMの紹介が終わった直後、司会の小倉智明さんが開口一番「スタジオにいる人間には通用しないってことが分かりました」と言って、感動ムードをバッサリ。

「(感動したのは)梅津だけですね」と振られると、梅津弥英子アナウンサーは「やっぱり子育てをしていると…」と親に対する思いなど話していました。しかしコメンテーターの宋美玄さんは、そこに被せるように嫌悪感たっぷりの声でまくし立てました。

「いいなと思うのもあるけど、母親、料理、自己犠牲! みたいなのをウワーっとやられると、世の中が母親に求めているのはこれなんかー! そしてみんながこれに感動しているんかー! ムリー! みたいな感じですけどね」

笠井信輔アナウンサーも、「道徳で子どもたちに見せた時に、『うちの親はこうじゃない』と思われるとキツイんですよね」とテンション低め。これを受けて宋さんは「だって親子がみんなあったかいとは限らないから」と続けます。
視聴者は疑問視「世の中が求める母親像が気に入らないって」

確かにネットにも、宋さんと同じような冷ややかな感想はありました。

「家族や親子の《感動CM》に感動しない私は根性悪でしょうか? ああいうCM、感動を押し付けられてるようでちょっと気持ち悪い」
「感動CMとか見て感動できるやつは家庭環境に恵まれてるんだよなぁ…」

小倉さんは番組で、CMを批判した出演者を指して「こう言う人はほとんどいませんから」とフォローしていましたが、ネットにはその反応を疑問視するコメントもあがっています。

「とくダネに出てる人たち、感動CMに共感できないってなんかさみしいですね…(梅津さんのぞく)」
「今日のコメンテーターの人って。。 個人的な感想はあるにしても、TVでこんな事言えちゃうなんて、人としてどうなんだろう。。」
「とくダネの感動CM特集で世の中が求める母親像が気に入らないってキレてたあのオバハンなんなん?」

個人的には「感動CM」はしっとりした音楽と素朴な語り口で、しんみりした気持ちに誘われるものでした。それが終わった直後にスタジオの冷めた空気が映ったものですから、せっかくの感動に水を差されたと感じる視聴者も多かったことでしょう。
木暮太一氏が分析「商品だけでは差別化ができない」

産婦人科医として母親たちと接し、自身もお子さんを持つ宋さん。「良い母親像のおしつけ」を感じた気持ちも分かりますが、生放送であまりにも無邪気に自分の本音を披露してしまったのかな、と思います。

ちなみにもう一人のコメンテーター、経済ジャーナリストの木暮太一氏は、小倉さんに「ドン引きしてましたけど」と振られると、「僕はあまり共感しなかったんですけど」と断りつつ、企業が感動CMをつくる背景について「商品だけでは差別化ができないから」と分析コメントで無難にまとめていました。(文・篠原みつき)

あわせてよみたい:マツコ・デラックスの母性と優しさが炸裂!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。