体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『第54回静岡ホビーショー』で展示された『宮崎メカ模型クラブ』新作をちょこっとご紹介

行って来ましたよ~!5月14日から17日にツインメッセ静岡で開催された『静岡ホビーショー』。

初日は雨も降っていましたが、参加者の模型への情熱で雨も蒸発してしまい、天気も回復しました(笑)
ということで、今回も宮崎メカ模型クラブの一員として参加させていただいたので、モデラー様達の新作を中心にちょこっとご紹介させていただきます。

【関連:週刊!?ジブリグッズコレクション―#15 現存数の少ない『On Your Mark』のPHS】

今回のブースも周辺の混雑緩和のため、島ブースという大き目のブースをお借りして展示をさせていただいております。
今回のレイアウトでは、「わいわいファミリー向け」と「がっつりマニア向け」とで展示作品を分けているのが特色です。
よ~く展示されている模型を見てみると、年齢層のターゲットがわかりやすいですね(笑)

まず、ファミリー向けのコーナーからは、もう10年以上もラムダを作り続けていて、模型クラブでは「永久名誉ブース当番」というありがたい?称号までついている「腰痛」さんの作品。
そもそも「ラムダ」って何?ロボット兵とどう違うの?から説明しますと、ラムダとはルパン三世セカンドシーズンの最終話「さらば愛しきルパンよ」に登場したキャラクターです。

ラムダ

かつて宮崎駿が「照樹務(てれこむ)」という名義で脚本と演出をされており、後の天空の城ラピュタに出てくるロボット兵にもよく似ていることから間違えられることもあります。
ちなみにこの「ラムダ」もフライシャー兄弟の作品である、スーパーマンに登場する「現金強奪ロボット」から着想を得ています。
と、私が延々とラムダについて語ってしまっても仕方が無いので(笑)語っている様子は

▼コチラ
https://www.youtube.com/watch?v=CP96vybip4c

今年のラムダのに関しては内部の計器類に電飾を施したそうで、内側を見るとアニメさながらの様に青白く計器類がたくさん光っておりました。毎年アニメ設定へ近づいていくラムダ、来年も楽しみです。

次は「ノウミソアキラ」さん「風の谷のナウシカ大海嘯(だいかいしょう)セット」。全25体の大所帯で、皇兄ナムリスや皇弟ミラルパ、ヴ王、チクク、森の人セルムなどなど、原作のナウシカを知っている人なら思わず「ニヤリ( ̄+ー ̄)」なセットです(笑)

ノウミソアキラ 大海嘯セット

次は「SOL」さんの「風になった夜」。
「私たち風になってるー」の名シーンのジオラマ化です。ネコバスとサツキとメイの家には電飾が施してあり、トトロ本体はちゃんと毛に被われており独楽を軸にしてモーターギミックにてゆっくりと回転。劇中イメージそのままのジオラマ化には脱帽です!

SOL  風になってる

次は「風月」さんの彫金によるアクセサリーで、巨神兵の指輪やキキの看板、ゲド戦記の龍などが緻密に再現されています。台座は「龍の牙」をイメージしており、硬派なイメージの彫金作品を際立たせておりました。

風月 彫金アクセサリー
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy