ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「モナ・リザ」に隠された衝撃の真実。あなたは見抜けるだろうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このモナ・リザは、何で描かれたと思いますか?鉛筆?筆?いえ、そうではありません。その真実を知った時、あなたは衝撃を受るはず…。

この絵を描いたのはポール・スミスさん。1921年に生まれた彼は、生まれつき脳性麻痺を患っていました。運動機能に障がいを抱えて生まれたのです。

“タイプライティング”の
驚くべき才能

突然襲う痙攣により、鉛筆を使うことすら困難だったと言います。16歳の時に言葉を覚え、32歳の時に歩き方を覚えたスミスさん。そんな彼が11歳の時に使い始めたのが、タイプライターでした。

実は冒頭で紹介したモナリザの絵は、“タイプライター”で描いたもの。古びたタイプライターにある10個の文字だけで、作品をつくり上げているのです。
オレゴン州の介護施設で、作品作りに打ち込む彼。嬉しそうな表情で、タイプライターに向かいます。

「今日は、お話を描こうと思うんだ」。
まるで芸術家が筆を使うように、タイプライターを自由自在に操っていきます。

美しい作品の数々

美しい水車やモナ・リザなど、彼の作品は、タイプライターで描かれたとは思えないほど美しいものばかり。文字を重ね合い、細かな陰影、リアルな表情までを生み出しています…。

私たちに
限界なんてない

2007年に、85歳で生涯を終えたポール・スミスさん。
生まれつきの病気など関係ない。何を成し遂げるかは、自分の努力次第で限界はない。彼の力強い作品は、私たちにそう教えてくれるようです。

Licensed material used with permission by John Stofflet

関連記事リンク(外部サイト)

宇宙飛行士のパパへ、地球にいる娘から愛のメッセージ。世界一離れた家族の感動ストーリーに、思わず・・・
「何か良いことを言おう!」NYに突然現れた、ハッピーなメガホン
【ドッキリ】美術館に、1枚だけ2,000円の絵画をコッソリ飾ってみたら・・・?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP